「でも」「だって」はNG!認められる女性が言わない5つのワード

記事の著者:haruki hatano

周囲から認められる女性とは、他の人と一体何が違うというのでしょうか。

態度や仕草、言葉遣いなどの普段からの立ち居振る舞いから違っているのではないでしょうか。

今回は、認められる女性が言わないワードについて紹介していきます。

「でも」や「だって」と言わない

女性にありがちな言葉遣いに「でも」や「だって」があります。

この言葉は、無意識に出ることが多いので普段から気を付けておく必要がありますし、特に仕事をしている時に「でも」や「だって」というのは良くありません。

「でも」や「だって」はとてもネガティブなイメージの言葉ですので、話している相手が男性であろうと女性であろうと、相手に悪い印象を与えることになってしまいます。

「分からない」と言わない

少し難しいことを言われると「分からない」の一言で片づけてしまう人も多いのではないでしょうか。

ですが、もし相手に認めてもらいたいのであれば、たとえ分からないことであっても「分からない」と簡単に言わないようにしましょう。

だからと言って知ったかぶりをしろと言っている訳ではなく、まずは何が分からないのか相手に伝えましょう。

そこで、相手に教えを乞えば、相手も色々と教えてくれるはずです。

ただ「分からない」の一言で片づけてしまうと、「あの人に頼んでもどうせ分からないだろう」と思われてしまい、仕事を任せてもらえなくなってしまいます。

曖昧なことを言わない

「〇〇かもしれません」、「多分大丈夫です」など、曖昧な言葉を言うのは避けるようにしましょう。

質問しているのに答えが曖昧だと、質問をしている相手がさらに分からなくなってしまったり、無駄な期待を持たせてしまったりします。

そうすると、「この人に聞いても、ハッキリとした答えが返ってこないので聞くだけ無駄」と思われてしまいます。

もし答えが分からないのであれば、しっかりと考えて後で返事をするようにすれば、相手からの印象もよいのではないでしょうか。

人に同調することを言わない

人が言ったことに対して、すぐに同調するようなことを言うのは、自分の意見がない人と思われ、なかなか認められなくなります。

何を聞いても「そうですね」とか「いいと思います」といったことを言っていると、何を聞いても同じ答えしか返ってこないと相手に思われてしまうからです。

そうすると、この人に聞いても意味がないという印象を与えてしまいます。

ただ、気を付けなければいけないのが、あまり自分の意見を通そうとすると、それはそれで相手に悪い印象を与えてしまいます。

ぐずぐず言わない

人に認められるためには、ぐずぐずと言わないことです。

ハキハキと答える人とぐずぐずと答える人では、当然ハキハキと答える人の方がよい印象を与えます。

何を聞いても、小さな声でぐずぐずと答えていては、聞いてる相手も「何が言いたいのか分からない」と感じるのではないでしょうか。

普段から自分に自信をもって、ハキハキと答えるようにしましょう。

そうすれば、仕事の時でもハキハキと答えることができるようになるはずです。