税理士が名刺を作るときのポイント

記事の著者:shuta

税理士は士業と言われており、憧れの職業の1つです。個人の営業能力次第で1000万円を超える年収を稼ぐことができ、自由が利くぶん、仕事をしなければ収入が途絶えるというリスクのある職業でもあります。

そこで今回は税理士にとっては、非常に重要なアイテムである、名刺について紹介していきます。

職業ごとに名刺を作るポイントがあるのを知っていますか?お客さんに覚えてもらえる、名刺を作りましょう。

税理士の名刺は情報ツール

名刺は仕事をする人にとって、大切な情報ツールです。これは税理士でも同じこと。とくに個人で仕事を獲得しなければならない職業の場合、名刺はより重要なアイテムになります。

できる限り情報を書いおくことや、印象に残ってもらえることが大切です。

たとえば、相続関係の相談が得意なのであればそう言った事柄を書いておきましょう。貰った名刺を思い出して仕事の依頼が舞い込んでくる可能性があります。

税理士の名刺にデザインは必要ない

最近では、名刺といってもさまざまなデザインがあります。しかし、税理士という仕事柄あまり派手なデザインは必要ないでしょう。逆にお金に関わる仕事なので、あまり名刺を派手にしてしまうと税理士としての信頼が揺らぐ可能性もあります。

そのため、名刺のデザインはそんなに派手にする必要はなく、必要最低限の情報が書いてあれば名刺の役割を果たしてくれます。

税理士の名刺は縦か横かも重要

名刺は横書きと縦書きの物が存在し、税理士の名刺の場合は横書きのほうがいいでしょう。その理由は最近ソーシャルメディアが発達したためさまざまなアドレスを掲載しなければならないからです。

ソーシャルメディアといっても、Twitter・Facebook・Instagram・ブログ・ウエブサイト等があり、全部運営している場合は最低でもアドレスを5つ掲載しなければなりません。アドレスはアルファベット表記なので読みやすくするために横書きにします。

ただし全てのアドレスを記載する必要があるのについては、よく考える必要があるでしょう。

どちらにしてもURLやアドレスを記載する場合、縦書きの名刺だと若干読みづらい印象を与えてしまう可能性があるので、横書きの名刺が無難でしょう。

税理士の名刺はフォントも重要

名刺の大きさは91㎜×55㎜が黄金比率と言われています。これは名刺交換をしてスーツの胸ポケットに収納することができるのがこのサイズのためです。

そのため、フォントも名刺のサイズにあったものを選ぶといいでしょう。

またフォントの種類は、ゴシックや教科書体などのフォントを使うのが一般的です。可愛らしくしすぎてしまったり、読みにくいフォントをしようしてしまうと、相手にストレスを与えてしまう可能性があるので注意が必要です。

税理士の名刺は、シンプルイズベストを心がけるといいでしょう。

税理士の名刺は裏面も利用する

名刺は両面印刷と片面印刷があります。裏面に何も書いていない名刺を渡すよりも、両面印刷の名刺のほうが、最大限自分をアピールできるでしょう。

そのため裏面には、自分が今まで携わってきた仕事の実績や、得意なジャンルなどを書いておくことで、仕事が増える可能性が考えられます。ここで、個性をアピールしていきましょう。

ただし、情報を載せすぎると読みにくくなるので、注意が必要です。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。