転勤の挨拶をするときのポイント

記事の著者:shuta

転勤するときの挨拶は大切なものです。転勤してもまたどこかで同僚と再会する可能性もあり、社会人として必要最低限の礼儀とも言えます。

しかし「何を話そう」と思っている人も少なくないでしょう。

そこで今回は転勤の挨拶をする時のポイントを紹介します。

転勤の挨拶でのスピーチは手短に

転勤の挨拶のスピーチはできるだけ手短に行います。会社を退職するわけではなく別の支社や支店に転勤していくので、寂しさを感じることはあまりないかもしれません。

そのため、この場所に赴任した時の事など手短に語るように心がけます。

 転勤の挨拶はメールでも連絡をする

同僚が全員出社しているとは限りません。全体に向けた挨拶をしたときに居ないケースも考えられます。

そのため挨拶をおこなったあとは、必ずメールでも全社に向けて連絡を入れておきましょう。

件名は個人名転勤の件が一読して理解できるように配慮します。文面に付いては書き出しはお疲れ様です。○○部の○○です。と書いて何月何日に異動する旨、何処の部署へ異動するのか、後任は誰に引き継いだかを書きます。

転勤元での業務内容に軽く振れ、お世話になった色々な方にお世話になった思いをメールの文面に込めておきましょう。

転勤の挨拶送別会では想い出を語る

転勤のために開かれた送別会のときは、在職中の想い出を語りましょう。そして良いところで仕事ができた旨を伝え、自分の仕事にかかわってくれた同僚たちに感謝を伝えると、スマートな挨拶になるでしょう。

転勤の挨拶は取り引き先も忘れずにおこないましょう

ある程度の顧客がいる場合、取引先への挨拶も忘れずに対応をしましょう。

自分が担当する顧客のところへ後任を連れて行き、今回異動する旨を伝え挨拶を交わします。自分が居なくなっても良い付き合いができるように、良い筋道をつけるイメージでおこないましょう。

もし直接会いに行けないのであれば、必ずメールで転勤する旨を伝えましょう。

転勤先での挨拶まずは上司から

転勤先に赴任したら、まずは自分を受け入れてくれる上司のところに行き転勤の挨拶をします。挨拶は儀礼的と捉えられがちですが、しないよりもしておいたほうがい
いです。いくら同じ会社とはいえ、相手の上司は貴方のことはあまり知らない可能性があります。

もし、すでにあなたのことを知っている場合は、挨拶は簡単に済ませてしまっても問題ありません。

転勤先での挨拶は前向きなことを話す

転勤先挨拶では、前向きなことを話すようにしましょう。とくに新設部署や支店などの場合は会社にとっても新しい試みなので、ほかの部署よりも活気に溢れているということも珍しくありません。

そのような場合は転勤の挨拶も前向きなことを話して、やる気をアピールしましょう。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。