ビジネスの場における「滅相もない」の意味・使い方・注意点

記事の著者:shuta

ビジネスの場でよく使われる「滅相もない」という言葉。何となく使うシチュエーションはわかるけど、正式な意味は知らないという人も多いのではないでしょうか。

しかしビジネスの場で使う以上、正しい使い方や意味は知っておくべきです。そこでここでは「滅相もない」という言葉の意味や使い方を紹介します。

「滅相もない」の言葉の意味

「滅相もない」は端的に言えば、「とんでもない」という意味。ありえないことだという気持ちを伝えるときによく用いられます。基本的に相手の言葉を否定する言葉です。

ただしその意味合いは単なる否定ではなく、自分の立場を相手よりへり下らせる謙譲語的な意味合いも含んでいます。

「滅相もない」の使い方

「滅相もない」は目上の人に使われることが多い言葉です。そのためこれを敬語表現に改めて「滅相もないことです」や「滅相もないことでございます」などと変形させて用います。

また使う場面としては相手のお世辞に対して、謙遜して否定するときに用いることが多いです。たとえば仕事が早いとほめられた時。「そんなことないよ」という謙遜の気持ちを伝えたいときに「滅相もない」という言葉を用います。

他にも相手の言葉を強く否定するときにこの言葉を用いることも。例えば上司から無理難題を押し付けられそうになった時。「滅相もないことです」と強い口調で言うことによって否定の意味を示すことが出来ます。

「滅相もない」を使うときの注意点

この言葉を使う場面にはいくつか注意点があります。

立場が同等、あるいは目上の人にしか用いない

「滅相もない」は相手より自分をへり下らせ、謙譲の意味合いを表す言葉です。そのため目下の人には用いられません。

類似表現である「とんでもない」と使い分ける

「滅相もない」と「とんでもない」は意味上では同一の意味を指しますが、ニュアンスには細かい違いが。明確な区切りはありませんが、「滅相もない」は「とんでもない」よりもへりくだり方が大きくなります。

状況に合わせて匙加減を使い分けましょう。

口調によって使い分ける

一般的に「滅相もない」は謙譲的な弱い意味合いで使うことが多いですが、場合によっては強い否定の意味でも用いられます。

そのため、どのような意味合いで「滅相もない」という言葉を使っているのかが相手に伝わるようにしましょう。

たとえば取引先の勘違いから、謂れのないクレームを受けたとき。これを軽い調子で「滅相もないです」と言っていたらひんしゅくを買ってしまいますよね。

場面に応じた口調を心がけましょう。

目上の人には必ず敬語表現に変えて用いる

目上の人に使われることが多い「滅相もない」という言葉。しかしこの言葉をそのまま使うと敬語表現が成り立ちません。

「滅相もないです」や「滅相もないことでございます」などと敬語表現に変えてこの言葉を用いましょう。

相手を敬う気持ちを大事にする

いくらへり下り敬語表現を用いたところで、相手に気持ちが伝わらなければ意味がありません。

言葉の上でいくら取り繕ったとしても、行動や態度がそれに伴っていなければ慇懃無礼にしか思えませんよね。相手への敬意を常に忘れないようにして接しましょう。

「滅相もございません」という言葉は文法的に間違っているとされる場合がある

「滅相もございません」は「滅相もない」の敬語表現としてよく用いる言葉ですが、この使い方は文法的に誤っているとされる場合があります。

「滅相もない」はそれで1つの形容詞であるため、その言葉を真ん中で分断するような形で「ございます」を挿入することは出来ません。正しくは「滅相もないことでございます」というような使い方になります。

ただし近年この使い方が認められつつある傾向があるので、完全に間違った使い方であるともいえません。間違った使い方と捉えられる場合があると留意しましょう。

強い否定の意味合いで用いるときには他の言葉もつける

この言葉を強い否定の意味合いで使うとき、必ず否定する理由を述べるようにしましょう。たとえば上司に分不相応な仕事を割り振られたとき。「滅相もないことです」と強く否定するだけでは、悪い印象を与えてしまいます。

「滅相もない」という言葉の前か後に否定の理由を示す言葉をつけ、断る理由が相手にも明確になるようにしましょう。

間違えた使い方をされたときも柔軟に受け止める

「滅相もありません」や「滅相もございません」は古くは間違った表現ですが、近年認められつつある言葉。言うならば合っているとも間違っているともみなせる表現です。

これらの表現が使われたとき、「間違っている」と思われた方もこのことに留意して柔軟に対応してください。