ビジネスの場における「失念」の言葉の意味・使い方:注意点は?

記事の著者:haruki hatano

ビジネスの場で、会議の時間などをうっかり忘れてしまうことは、誰にでも経験のあることです。

この場合「忘れていました」ではなく「失念していました」という表現を使います。

このほかにも様々な場面で「失念」は使われていますが間違った使い方をしている場合も多いです。

そこで今回は、「失念」の正確な意味や使い方、注意点についてまとめてみました。

「失念」の読み方及び語源について

失念は「しつねん」と読みます。もともと仏教用語であり「正念を失う」といった意味があります。

「正念」とは「正気・本心」といった意なので「失念」とは「正気・本気を失う」という意味になります。

仏教において、失念は煩悩の一つとされ、気付きを失い仏法やの理論や言葉を忘れること、心を錯乱させてしまうことを意味します。

一般的な場での「失念」の使い方

一般的に失念は、ど忘れや物忘れなど、覚えているはずなのに、ちょっとした気の緩みで忘れてしまった場合に使用されます。

つまり、「知らなかった」「覚えていなかった」という意味ではなく、あくまでも「覚えていた」ことが前提となります。

ただし、堅い表現になりますから、日常では「忘れていました」が一般的です。

ビジネスの場での「失念」の使い方

ビジネスの場面で「忘れてしまった」という言葉使いは、相手に対してとても失礼にあたります。そのため「失念」といった堅い表現を使います。

つまり失念は、謙譲語として使うのが正しい使い方です。上司や顧客、取引先など、自分より目上の人に対しては「忘れていました」ではなく「失念していました」と使うことで、より深く謝罪の念を伝えることになります。

ビジネスの場で「失念」を使う際の注意点

ビジネスの場で、失念を使う場合、自分のミスに対して使うということに注意しなくてはなりません。

例えば、上司が会議の日程を忘れていたため、代わって自分が申し開きをする場合に「上司が会議の日程を失念していました」と使うのは間違いです。この場合「上司が会議日程を忘れていました」が正しい表現になります。

「忘れる」の敬語表現を理解して「失念」を正しく使いましょう

失念を正しく使うには「忘れる」の敬語表現を正しく理解することが大切です。

失念する、は忘れるの謙譲語表現ですが、尊敬語だと「お忘れになる」丁寧語だと「忘れます」となります。したがって、敬語表現を理解しておけば、「失念なされました」といった誤った使い方をすることはありません。

「失念」の具体的な使い方

失念は自らのど忘れで引き起こしたミスに対して使います。

事例としては、取引先への連絡を忘れた、ミーティングの時間を間違えて遅刻してしまった場合などがあげられます。

具体的な使い方としては「ご連絡してするのを失念しておりました」「ミーティングの開始時間を失念しておりました」となります。

このように、あくまでも覚えていたことが前提となることを忘れてはなりません。

「失念」は謝罪の言葉とともに使いましょう

失念は自らのミスの原因である「忘れていたこと」を表す言葉であり、それ自体に謝罪の意味はありません。したがって、失念を使う際には、謝罪を表す言葉とともに使います。

具体的には、お詫びの言葉を述べ、事の経緯を説明し、今後の対策を伝える流れになります。

例えば、会議に遅刻した事例であれば「申し訳ありません。会議の時間を失念していました。今後はスケジュールを事前に確認します。」といった具合で使用します。

「失念」と似た言葉とは

失念と似た言葉に「放念」があります。「放念」には「心配ないこと」「心にかけない」といった意味があります。

ビジネスの場では、伝言などを頼んでおいたけれど、途中で必要がなくなった際に「伝言の件については放念いただけますか」といった具合に使います。

「忘失」は、失念同様に「忘れたこと」を表す言葉ですが、ビジネスの場では、書類などの物を紛失してしまった際に使います。具体的には「書類をどこかに忘失してしまいました」といった具合で、失念とは使い分けます。

ビジネスの場で「失念」を正しく使うことの意義

ビジネスの場でも、カジュアルな雰囲気が好まれるようになり、伝達方法もメールが主体となってきました。これに伴って、言葉使いもフランクになりつつあります。

しかしながら、自分が失念したことによってミスを引き起こした場合、正しく堅い表現を使って謝罪することで、信頼を取り戻すことができます。