理系におすすめの資格9選

記事の著者:shuta

理系の人に関わらず、就職するにあたって資格を持っていることは非常にプラスになります。

ただし資格であれば何でも良いというわけではなく、目指す企業や分野によって有効な資格を選ぶ必要があります。

そこで、理系におすすめの資格について紹介します。

ITパスポート試験

ITパスポート試験は、情報処理技術者試験においては、最も基礎的なレベル1に位置づけられており、ITに関する基礎的な知識を有することで取得できる国家試験です。

現在ITの分野ではセキュリティ、ネットワークなどのITに関する基礎知識だけでなく、経営戦略、マーケティング、財務、法務など経営全般に関することやプロジェクトマネジメントなど幅広い分野の知識が必要とされています。

ITパスポート試験では、ITを正しく理解するだけでなく、それを効果的に業務に活かすことができるスキル(=IT力)が問われますから、IT関連に就職を希望する人にとって必須の資格といえます。

基本情報技術者試験

ITエンジニアを目指すなら、必ず取得しておきたいのが基本情報技術者試験です。

業務独占資格や必置資格ではありませんが、情報処理の知識やスキルが一定水準以上に達していることを国が認める認定試験となり、IT系企業では入社から3年以内に取得を義務付けていることも少なくありません。

また、取得していると資格手当の対象となることもありますので、早い段階で取得しておきたい国家資格です。

情報セキュリティスペシャリスト

情報セキュリティスペシャリストは、情報システムに対する脅威や脆弱性を評価・分析し、技術及び管理面での対策を講じるために必要な資格です。

ここ数年来、ハッカーや不正なコンピューターウィルスなどにより、多くの企業が被害に遭うなかで、情報セキュリティに関するスキルを持った技術者の需要は非常に高まっています。

セキュリティエンジニアや情報システム管理者を目指す人はぜひとも取得しておきたい資格です。

オラクルマスター

オラクルマスターはオラクル社のデータベースを用いた、データベース管理・運用・保守・SQLに関する能力を認定する資格になります。

オラクルマスターには、その難易度から「Bronze」、「Silver」、「Gold」、「Platinum」の4つの種類があり、「Bronze」から順番に合格していかなければなりません。

情報処理のベンダー資格においては、とても人気で、エンジニアとして就職活動をしている人にはとても有利になる資格です。

技術士

技術士は科学技術に関する専門的応用能力を要する、計画・研究・設計、分析、試験、評価、またはこれらに関する指導業務をおこなうために必要な資格です。

名称独占資格となりますから、技術士として仕事をおこなうためには日本技術士会が実施している技術士試験に合格しなければなりません。

技術士は科学技術分野においては、最高峰の国家資格と位置づけられていますので、その企業に技術士が在籍しているだけで、企業価値が高くなります。したがって、就職に有利なだけではなく、資格手当が支給されたり、昇進が早いといったメリットもあります。

一般建築士

一般建築士は建築士を目指す人には必須の資格です。

最近では建築士だけでなく、設計事務所やインテリアデザイナー・ハウスメーカー・家具メーカーといった建築や設計に関連する企業のほか、地方自治体の都市開発・建築部門などへの就職にも幅が大きく広がる資格です。

なお、一級建築士は3種類の建築士資格のなかでは、最も難易度の高く、住宅や公共施設、運動スタジアムなど幅広い建築物の設計も可能となります。

消防設備士

消防設備士は屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、自動火災報知設備などの消防用設備や特殊消防用設備等の工事・整備等をおこなうために必要な資格です。

シアター・大型商業施設・ホテルなどは、その用途や収容人員などに応じて、これらの設備を取り付けることが法律で定められているため、就職には有利な資格となります。

なお、消防設備士には甲種と乙種の2種類があり、乙種は消防用設備等の整備・点検に止まりますが、甲種は消防用設備や特殊消防用設備等の整備・点検及び工事をおこなうことができます。

弁理士

弁理士は特許、実用新案、意匠、商標といった知的財産に関する資格であり、理系の人も数多く取得しています。

知的財産権を取得するには特許庁への出願手続きが必要です。弁理士は出願手続きの代理だけでなく、類似した知的財産が登録されていないかの調査、特許取得のためのアドバイスなどを行います。

就職先としては、法律や特許の専門的知識が必要となる特許事務所が大半となりますが、キャリアを積んで独立開業する人も少なくありません。

試験は毎年おこなわれていますが、司法試験の次に難易度が高いと言われていて専門学校やスクールに通いながら何年も資格取得の勉強をしている人も多くいます。

TOEIC

TOEICは英語に関する資格であり、文系のイメージが強いのですが、理系の人も取得しておきたい資格です。

最近では理系分野の企業においてもグローバル化が進んでおり、海外の企業とのビジネスも盛んになっています。

特にエンジニアなど専門職に就くと、海外の技術者とのコミュニケーションが重要になってきますから、理系であっても英語力は必須になってきます。とりわけTOEICは誰もが知る資格ですから、取得しておくと就職のさいにも有利です。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。