ビジネスの場における「ご健勝」の意味・使い方・注意点

記事の著者:shuta

ビジネスの場において、ご健勝という言葉を使うことがあるかと思いますが、間違えた使い方をしていないでしょうか。

ここではご健勝を使うときのポイントや注意点を紹介します。

ご健勝とはどういう意味?

ご健勝の意味は「いつまでもずっと心身ともに、健康でそして丈夫でいてください」という意味です。相手を思いやる意味の言葉ですので、目上の人に対しても問題なく使うことができます。
 

ご健勝は様々な場面で使われる

この言葉、結婚式のスピーチなどで聞いたことはないでしょうか?ご健勝は結婚式のスピーチや会社のスピーチなどにおいて挨拶するときに使われる言葉です。また、手紙
でもよく使われる言葉です。

「ご健勝」の使い方

取引先や社内の人に対して

ビジネスにおいて、取引先や社内の人に対してメールや手紙を送ることも多々あるでしょう。そのようなときに、「〇〇様におかれましては、ご健勝のこととご健勝のこととお慶び申し上げます」というような使い方をします。

「ますます」をつけて使ってもOK

「ますますご健勝のこととお慶び申し上げます」と「ますます」を付けて使うこともできます。「ますます」は、「今以上に」や「なお一層」意味です。つまり、今まで以上に健康でいてくださいという意味になります。

文章の締めくくりによく使われる

「〇〇様のご健勝を心よりお祈り申し上げます」という文章を末文に見たことはないでしょうか。

就職活動をしていて、不採用通知が来ると、多くの場合、末筆にご健勝を心よりお祈り申し上げますという文章が書かれています。じょうとう文句といっても過言ではありませんが、文章を締めるときに良く使われます。

「今後ますますのご活躍とご健勝を祈念しまして乾杯」という挨拶の時にも使うことができます。会社の忘年会などで挨拶を頼まれた人が良く使う乾杯の音頭です。

「ご健勝」を使うときの注意点

初対面の人に使えない場合もある

「ますますご健勝のこととお慶び申し上げます」は、今までの状況を知っている間柄でなければいけません。そのため、初対面の取引先の人に対しては使うことができません。初対面の人の場合には「ますます」という言葉を使わないようにしましょう。

個人に対して使う言葉

ご健勝は個人に対して使う言葉です。会社に対して使うことはできません。

会社の個人宛ではなく、会社宛に送る手紙などには「ご健勝」ではなく、「ご発展」や「ご隆盛」と言ったように、会社の繁栄を願っているという意味の言葉を使うようにしましょう。

相手の状況によって使い分ける必要がある

「ご健勝」の意味は「健康であったり、幸せである」というポジティブな意味合いです。そのため、会社の同僚が病気で休んでいる時などには「ご健勝」という言葉を使うことは出来ませんので注意してください。