ビジネスの場における「ご確認ください」の言葉の意味・使い方・注意点

記事の著者:shuta

ビジネスシーンで頻繁に使われる言葉の1つ「ご確認ください」。

相手に資料の内容をチェックして欲しいときや見て欲しいときに「ご確認ください」という言葉で文末を締めることが多いでしょう。

しかし上手く使わないと、まるで相手に命令をしている風に聞こえてしまい、トラブルになってしまうこともあります。

そこで今回は、「ご確認ください」の言葉の意味や使い方、注意点などを紹介します。

「ご確認ください」とは?

「ご確認ください」とは、相手に資料の内容などの確認をお願いするときに使う言葉です。

相手に依頼するときの丁寧な表現であることから、一般的に幅広く使用されていますが、使い方を間違えると相手に命令されたという認識を持たれるかもしれません。正しい使い方を理解するようにしましょう。

「ご確認ください」は敬語?

「ご確認ください」は「ご」+「確認」の謙譲語です。

同じような表現としては「ご配慮」「ご安心」もあてはまります。文頭に「ご」や「お」をつけた言葉を使うさいは、「ご確認ください」と同じように語尾は「ください」にすると覚えておきましょう。

「ご確認ください」の類義語は?

「ご確認ください」の類義語としては「ご査収」「ご一読」「お目通し」「ご高覧」があげられます。

「ご査収」は資料を受け取って欲しいようなときに使用します。

「ご一読」は特に文章を相手に確認して貰いたいときに使うことが一般的です。

「お目通し」はかなり丁寧な表現ですので、目上の人や取引相手に使っても、失礼にはあたらないので使いやすい言葉です。そして、類義語の中でとくに丁寧な表現が「ご高覧」となります。

「ご確認ください」の使い方

ご確認のほど~

ビジネスでは「ご確認ください」の語尾を変化させた表現も多く使われます。

その内の1つとして「ご確認のほどお願いします」というフレーズがありますが「ほど」という言葉を用いることで、柔らかい雰囲気を出すことができます。

ご確認お願いします)

「ご確認」という言葉が使われている表現として「ご確認お願いします」があげられます。1番一般的で、多用する表現でしょう。

「ご確認のほど」から「のほど」だけを除いた形になりますが、かなり目上の人に使うというよりは、同僚や少し上の上司に使うのが適切な表現になります。

ご確認のうえ~

「ご確認のうえ~」という表現もビジネスではよく使用されます。「~の上」という表現には「〜の後で」「〜の結果」という意味合いがあり、前提条件を明示する表現とされています。

「ご確認ください」の注意点とは?

「ご確認ください」というのはよく使われる言葉ですが、「ご」をつけた場合の言葉の語尾は「してください」ではなく、必ず「ください」とするようにしましょう。

「ご確認してください」は間違いです

「ご確認してください」は、一見正しい使い方に見えますが、実は間違った使い方です。「ご確認」が謙譲語であるのに対して、「してください」は尊敬語にあたり二重敬語になってしまいます。「ご確認してください」という使い方は間違いであると認識しておきましょう。