おすすめの英会話アプリ8つ:アプリ学習のメリット・デメリットも紹介

記事の著者:haruki hatano

日本政府観光局が発表した訪日外国人の人数は毎年増え続け、2017年には約2869万人となりました。また2019年にはワールドラグビーカップ、2020年はオリンピックとスポーツのビッグイベントが日本で開催されます。

このような観光立国推進施策やビッグイベントにより、訪日外国人の人数は今後もまだまだ増え続けそうな勢いです。

しかし、小さいころから英語の授業はあったものの、英会話は苦手という人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、アプリによる英会話の勉強のメリット・デメリット、おすすめのアプリを紹介します。

アプリを使う前に考えるべきこと

英会話アプリによる勉強の目的

英会話の勉強を始める前に、勉強の目的を明確にする必要があります。

外国人と話せるようになりたいのか、業務上必になったのか、または何かの資格取得のためなのか明確にすることが大切です。

多数のアプリが提供されているので、目的に合わないアプリを選んでしまうと、勉強の効果は望めません。

自分のレベルを知る

英会話アプリで勉強するときには、目的と共に自分の英会話のレベルを知ることが大切です。

英単語すら良く解らないレベルで、中級の長文のリスニングが必要なようなアプリを選んでしまうと、勉強の効果は期待できません。

自分のレベルを知るためのサイトがいろいろありますが、便利なサイトとして次の2つを紹介しておきます。

マジタンWEB・BETA

アルクの英語レベル診断テスト

英会話アプリのメリットとデメリット

メリット

隙間時間があれば、いつどこででも勉強でき、ドリルなどの書籍なしで、スマホさえあれば勉強できるという便利さが大きなメリット。

また、音声や映像ファイルが付いているものもあり、音や映像と一緒に学んだ方が記憶に残りやすいという人にはぴったりです。

ゲーム仕様のアプリもあり楽しみながら勉強できるので、続けやすいというのもポイントでしょう。

英会話勉強の重要なポイントは、継続と繰り返しであり、この点では肌身離さず持っているスマホアプリは最適だと言えます。

デメリット

多数のアプリが提供されているが、リスニング、スピーキングアプリは比較的少なく、適切なアプリを選ばないと英会話の勉強にならない場合があります。

また、本のように目次などが示されないので、勉強の一貫性が掴みにくい。

隙間時間で勉強することになるので、勉強がつぎはぎになり、一定時間継続して勉強するより効率が低下するという意見もあります。

おすすめの英会話アプリ

英会話アプリは、勉強しようとする人のレベルや学ぶ目的により、適したり適さなかったりします。

英語の単語すらほとんど知らないレベルの人が、いきなり講師と一対一で相対して会話ができるアプリを活用しようとしても、これは適当ではありません。

以下に数ある英会話アプリの中から、お奨めのアプリを紹介します。興味のあるアプリがあれば、一度アクセスしてみてください。

DuoLingo

リスニング、英会話や英単語を総合的に勉強することが出来ます。英単語レベルも中学程度と言う人にもお勧めの初級レベル者用アプリです。

世界で一番ダウンロードされており、過去に2年連続で、「Google Play」の「Best of best」を獲得している実力派です。

iPhoneでダウンロードする
Androidでダウンロードする

Mikan

隙間時間を有効に活用して、英単語をゲーム感覚で覚えられる、繰り返し勉強をメインとしたアプリです。初級レベル者にお勧めです。

英単語が出てきて、制限時間以内に対応する和訳を4択から選びます。

有名な単語帳をmikan内で購入することもでき、発音を聞きながら効率よく単語を暗記できるのがポイントです。

iPhoneでダウンロードする
Androidでダウンロードする

POLYGLOTS

政治・経済からバラエティーや音楽、スポーツなどさまざまなジャンルの英語のニュースをリーディングでき、会話のときの情報量を増やせるアプリです。

解らない単語の意味はタップして調べることができるので、いちいち自分で辞書を引く必要がありません。

英会話力を伸ばしたい中級レベル者以上の人のためのアプリです。

iPhoneでダウンロードする
Androidでダウンロードする

NHK WORLD TV Live

NHKの日本のニュースを映像と音声で、英語で視聴できます。映像を見ながらのため臨場感があり、より内容の理解度が進むアプリです。中級レベル者向けのアプリです。

iPhoneでダウンロードする
Androidでダウンロードする

シチュエーション英会話練習

色々なシチュエーションを想定して、ネイティブが実際に使う英語のフレーズを勉強することが出来るアプリ。状況に合った言い回しを勉強できます。

iPhoneでダウンロードする

レアジョブ英会話

厳しく選抜された講師とSkypeで英会話ができるアプリです。教材は初心者向けからビジネス英会話、時事ニュースなど豊富にそろっています。

有料ですが、対面式のレッスンに比べると、とてもお得。朝早い時間から夜中までレッスンができるので、寝る前や出勤前など、隙間時間に英語を勉強することができます。

iPhoneでダウンロードする
Androidでダウンロードする

ネイティブキャンプ英会話

予約なし回数無制限で24時間、隙間時間に英会話講師とレッスンが出来るアプリです。

教材も初心者向け文法、発音やTOIC対策と多彩。オンライン英会話が不安と言う人には、日本人スタッフによるカウンセリングを受けられ、また息のあった講師が見つかれば指名も可能です。

月額制ですが無料トライアルもできるので、試してみてください。

iPhoneでダウンロードする
Androidでダウンロードする

ABC Talking

予約不要で隙間時間に海外に在住するネイティブと教科書なし、題材自由で会話し英会話を勉強するアプリです。

月額固定費は必要ありませんが、一回5分のチケットを購入する必要があります。

iPhoneでダウンロードする
Androidでダウンロードする

まとめ

スマホでの英語学習は、隙間時間にできたり、音声や映像を使えたりとたくさんメリットがあります。

しかしアプリの数がたくさんあるため、現状の英語レベルを把握し、それにあったものを選ぶことが大切。

英語の習得は、継続が鍵になります。お気に入りのアプリを見つけて、楽しく英語学習を続けましょう。