ビジネスの場における「なのです」の言葉の意味・使い方・注意点

記事の著者:shuta

仕事をしている中で「なのです」という言葉を耳にしたことがある人は多いでしょう。

しかし「なのです」という言葉は文章ではよく使われますが、会話の中ではあまり使わない表現です。

そこで今回は、「なのです」の意味や使い方、注意点などを紹介します。

「なのです」は敬語?

「なのです」の「です」は、断定の助動詞「だ」の丁寧語です。したがって「なのです」は、敬語ということになりますので、ビジネスシーンにおいて、上司など目上の人に対して使っても失礼にはあたりませんが、使い方によっては心象を悪くしますので十分注意して使うようにしましょう。

似た言葉「なんです」について

「なのです」は目上の人や上司に対しても使うことができる敬語ですが、似た言葉である「なんです」は見下げているような印象を与える表現になります。

逆に目上の人や上司に対して使ってはいけません。

「なのです」が用いられた言葉とは?

「なのです」を用いた言葉として「なのですが」があげられます。

使い方としては「彼はとても優秀な人材なのですが、協調性がありません」といったように、前半の部分を強く断定したあと、逆説的な表現を加えたいときに使用します。

「なのですが」の類語は?

「なのですが」の類語としては「ですけど」「だといえ」「かといって」があげられます。ただ、「なのですが」に比べると、尊敬語的な要素が若干弱まってしまいます。

少し距離があるような上司に対しては、無難な表現である「なのですが」を使うほうがいいでしょう。

「なのです」の使い方

強い断定を意味する「なのです」

「なのです」の意味の1つ目は、強い断定です。例えば「それが原因です」というよりも「それが原因なのです」といったほうが断定の度合いが強くなります。

事情の説明を意味する「なのです」

「なのです」は、事情を説明する場面でもよく使われます。例えば「あなたのためです」というよりも「あなたのためなのです」と表現したほうが、相手を説き伏せる効力が大きくなるといえます。

「なのです」を使って良いケース

社内で役員や上司の前でプレゼンをするさい、強調したいポイントがあるでしょう。

そういった場合は、目上の人であっても物事を強く訴える意味でも「なのです」を使用しても全く問題ありません。

「なのです」を使ってはいけないケース

得意先に自社の商品を売り込むとき、「なのです」を多用し、強く断定しすぎてしまうと、不快感をあたえてしまう可能性があります。

使いすぎには注意しましょう。