TOEICを攻略して確実に点数を上げる方法

記事の著者:saitotakuma

TOEICは、リスニング(約45分間・100問)、リーディング(75分間・100問)の合計約120分で200問に答えるマークシート方式のテストです。

出題形式は毎回同じで、テストは英文のみで構成されています。現在、世界のおよそ160か国で実施されており年間の受験者数は約400万人にのぼります。

ここでは、TOEICの攻略方法と確実に点数を上げるための方法を紹介します。ぜひ最後まで読んでみてください。

TOEICはリスニングが重要

TOEICは、得点の半分をリスニングが占めます。

日本人はリスニングが苦手といわれていますが、聞き慣れた単語であれば簡単に音を拾うことができます。リスニングでより多くの点数を稼ぐためには、知っている単語をどんどん増やしていきましょう。

書店に行けば、TOEIC頻出の単語本が売っています。おすすめしたいのはCD付きの単語本です。アクセントをしっかりと聞き、英語の発音に慣れておくことで確実に点を取ることができます。

また、45分間のリスニングには集中力が必要です。どれほど集中して聞いていても、流れてくる英文全てを理解しようとするのは効率が悪いです。

そこで、重要な単語を頭に入れておくことによって、ポイントごとに回答を絞ることができるようになります。

リスニングの問題形式と英語の音に慣れることは、TOEICを攻略する上でとても大切です。

確実に点数を上げる方法

次に確実に点数を上げるための方法を3つ紹介します。TOEICにはTOEICのための勉強が不可欠です。ただ英単語を覚えるだけでは点数は伸びにくいので、以下を参考にしてみてください。

自分の強み、弱点を知る

まずは、自分の強み、弱みを知ることが必要です。『弱点』を知ることで、弱点を克服し点数を伸ばすことができます。750点以上取れると言う人は、この方法で苦手な分野を特定し、点数の底上げにつなげましょう。また、自分の『強み』を知って得意な分野を伸ばし得点につなげることも有効的です。

受験経験の有無に関わらず、得意分野や弱点を知る方法として過去問題集はおすすめです。書店に行けば、TOEIC公式の過去問題集が発売されていますので手にとってみてください。

過去問題を繰り返し解いていくことで各セクションごとの点数の比率を知り、解けなかった問題を分析するようにしましょう。

TOEIC本番の戦略を立てる

TOEICは時間配分が点数に直結します。どれだけ勉強を積み重ねても、時間配分を設定しないと点数は伸びません。

ではどのように時間配分を設定すればいいのでしょうか。

最適な時間配分は、自分の得意不得意に合わせて見つけるものであり、正解不正解はありません。すらすら解くことができる得意なパートは何分で終わらす、逆に時間がかかる苦手なパートは何分までに解き終える、というように目標を定めましょう。

大切なのは、全部解き終えられなかったからといって、ずるずる解き続けないことです。目標時間が過ぎたらそこは諦めて次の問題に移ることが点数アップの鍵です。

なんとなく過去問を解くのではなく、一回一回目標を決めて勉強するようにしましょう。

英会話教室を利用する

3つ目は、確実に点数を上げるために英会話教室を利用するという方法です。

近年、忙しいビジネスマンのために講師に加えて専属のコンサルタントが付いて、学習をサポートしてくれるという英会話教室が開講されています。学習効果が出なければ返金保証がある場合もあります。

一人で学習するのに自信がない方、最短時間で点数を確実に上げたい方はぜひ取り入れてみてください。