ビジネスの場における「幸甚に存じます」の意味・使い方・注意点

記事の著者:shuta

ビジネスの場でよく使われている「幸甚に存じます」という言葉。よく聞きはするけど、実はちゃんとした意味を知らないという方も多いのではないでしょうか。

この言葉はビジネスの場で目上の人に対して使う言葉です。そのため、間違った使い方をしてしまうと失礼に当たる場合もあります。

そうならないためにも、ここではビジネスの場における「幸甚に存じます」の正しい意味や使い方を紹介します。

「幸甚に存じます」の意味

日常生活で「幸甚」という言葉を耳にされる人は少ないでしょう。それは、この言葉はビジネス文書に頻出する言葉の1つで、口頭ではあまり用いられないからです。

この「幸甚」は「こうじん」と読みます。とても幸せであるという意味です。「甚」は普通の程度をはるかに超えているという意味ですので、「普通の程度を超えて幸せである」という意味になります。

日常な表現に直すと、「非常にありがたい」「非常に嬉しい」といった意味に。この言葉は相手に自分が喜んでいることを伝える言葉、もしくは感謝を伝えている言葉になります。

「幸甚に存じます」の使い方

この言葉を枝葉する場面は主に3つあります。

何かを依頼するとき

ビジネスシーンで最も使用頻度が高いの「何かを依頼するとき」です。この場合には「~していただけましたら幸甚に存じます」というような使い方をします。軽く言うと、「~してくれたら嬉しい」という意味。

目上の相手に何かをお願いしたいとき、控えめに、丁寧に要望していることを伝えることができる表現になります。

贈り物をする場合

目上の人に贈り物をするとき。気に入ってくれたら嬉しいという意味を伝えるために「気に入ってもらえましたら幸甚に存じます」などという使い方をします。

贈り物をするとき、押しつけがましくならないようにするために便利な言葉です。

相手の心遣いや対応に感謝の意を示すとき

またこの言葉で相手が自分のために何かをしてくれたときに、感謝の気持ちを伝えることができます。「~してくれて嬉しい」という気持ちを伝えられます。

自分がやったことを感謝されるのは誰でも嬉しいもの。その感謝の気持ちを強く伝えることができるのがこの言葉になります。

注意点

使う場面

「幸甚に存じます」はビジネスの場で非常によく使われている便利な言葉ですが、実は使えるシチュエーションは限られています。

この言葉を使う場面として気を付けるべきことは、日常的な会話には使わない・目上の人にのみ用いるという2点です。

「幸甚に存じます」は非常に硬い表現。そのため日常的な軽い感謝を伝えるときに、「幸甚に存じます」を使うのはおすすめできません。

「ありがとうございます」でも十分に感謝の念は伝わります。同様の理由で、この言葉を目下の人や同僚に用いるのも相手に距離を感じさせてししまいます。目上の人に対してのみ用いるようにしましょう。

禁止事項

この言葉を使う上での禁止事項を紹介します。

「幸甚に思います」と変形させて使用しないこと。多用しないこと、の2点が使用するときの注意点です。

「存じます」は「思います」の謙譲表現に当たるので、言葉自体は敬意の程度に差があれど似た意味になります。

しかし「幸甚」に「思います」を併せて使うのは誤り。「幸甚」に併せて使う言葉は「存じます」と「です」のみであることを覚えておきましょう。

また「幸甚」はとても嬉しいという気持ちを表わす言葉ですので、複数回使うと「あれも嬉しい」「これも嬉しい」という感じに伝わってしまい、言葉が重みを失ってしまいます。

重要な場面で1度だけ使うにとどめ、簡単な依頼などに使わないようにしましょう。

明確にすべき点

この言葉を用いるときには、他の部分でも感謝の気持ちを明確にする、依頼の場合は相手に何をして欲しいのか明確にするといったことに注意する必要があります。

この言葉は「とても嬉しい」という気持ちを伝えてくれる便利な言葉ではありますが、他の文面や態度でその気持ちが伝わらなければ上っ面だけの言葉となってしまいます。

他の部分でも感謝の気持ちや嬉しい気持ちが伝わるように心がけましょう。

また依頼の場合、何を自分にして欲しいのか、そのことが伝わらないと相手もどうすればいいのかわかりません。その点をとくに注意して伝えるようにしましょう。

代替表現

この言葉を変形させたものを紹介します。使う場面が微妙に変わってきますので、参考にしてみてください。

・固すぎる文章が好まれない場合には「幸甚です」を用いる
・より嬉しい気持ちを伝えたいときには「幸甚の至りです」を用いる

「幸甚に存じます」は丁度この間に入るような表現になります。感謝の程度や状況を判断して使い分けましょう。

そのほか、注意点

ほかにも注意すべき点は、「改めて御礼を言うこと」です。相手が自分に何かをしてくれた場合、直接会う機会があれば改めてお礼を言うことが好まれます。

とくに依頼をし、それをおこなってもらった場合には、改めて感謝の気持ちを伝えることを忘れないようにしましょう。