ビジネスの場における「ございますでしょうか」の意味・使い方・注意点

記事の著者:shuta

「ございますでしょうか」という言葉を耳にしたことがあるかと思います。

新人だけでなく、年配の人も使っていますが、果たして正しい言葉なのでしょうか?どこか違和感を感じる人もいるでしょう。

そこで今回は、「ございますでしょうか」の意味や使い方、注意点などをみていきます。

「ございますでしょうか」の意味とは?

「ございます」というのは「御座る」+「ある」という言葉の丁寧語にあたります。また「でしょうか」は、相手の状態などを尋ねる丁寧語になりますので「ございますでしょうか」は、敬語が2つ重なる二重敬語にあたります。

正しくは「ございますか」「おありですか」「ありますか」とするのが、正しい日本語表現でしょう。。

「ございますでしょうか」は敬語?

「ございますでしょうか」は、敬語が2つ重なった二重敬語です。ただ長年、ビジネスの場で当たり前のように使われてきたことから、定着しています。

そのため、絶対に使ってはいけない表現ではありません。しかし使用するようさいは、正しい日本語でないことは頭に入れておきましょう。

「ございますでしょうか」は上司や目上の人に使えるの?

「ございますでしょうか」は、敬語表現といえますので、上司や目上の人に使っても失礼にはあたりません。ただ、正しい日本語ではないため、教養のあるような人からは、敬語が使えていないという印象を持たれるかもしれません。

「ございますでしょうか」の類語とは?

「ございますでしょうか」の類語として「おありでしょうか」があげられます。「おあり」は「ある」という言葉の尊敬語にあたります。また「でしょうか」も丁寧語ですので、こちらも二重敬語となります。

「ございませんでしょうか」は使っていいの?

「ございますでしょうか」の否定表現として「ございませんでしょうか」という言葉があります。

「あなたが欲しい商品はこちらでお間違いございませんでしょうか」という例の場合、これは相手を気を遣った丁寧な表現のように感じますが、これも二重敬語のため、「ございませんでしょうか」は適さないといえます。

この場合には「こちらで宜しいでしょうか」と表現すべきです。

「ございますでしょうか」の正しい使い方

「ございます」は「ある」で表現できるものに対して使うのが正しい使い方です。たとえば、電話で相手の名前を確認するときに「山田様でございますでしょうか」という使い方をする人もいますが、そもそも「ある」で表現できないため間違いです。

この場合、正しくは「山田様でいらっしゃいますか」となります。