ビジネスの場における「勝手ながら」の意味・使い方・注意点

記事の著者:shuta

「勝手ながら」で始まる文章を目にすることも多いと思いますが、どのような状況で使うべき言葉なのでしょうか?

使うことが多いとはいえ、本来の意味や使い方を理解していない人も多く、間違った使い方をして相手を不快にさせてしまうケースもあります。

そこで今回は「勝手ながら」の意味や使い方、注意点を紹介します。

「勝手ながら」の意味とは?

「勝手ながら」は相手に何かをお願いするときに自分の都合で、相手に余計な手間を取らせてしまうことに対する敬語表現です。

ビジネスの世界では、心遣いが感じられる言葉のことを「クッション言葉」と呼んでいますが「勝手ながら」もその1つとされています。

クッション言葉である「勝手ながら」

ビジネスの世界では敬語が欠かせません。尊敬語・謙譲語・丁寧語などの敬語が頻繁に使われる中で、「クッション言葉」も多用されています。

「勝手ながら」もクッション言葉として使え、相手に何かをお願いをするとき、お断りをするときなどに使用できます。

お願い、お断りなど、一歩間違えればトラブルになりかねないことも「クッション言葉」を織り交ぜることで、相手の心象を和らげるような効果があります。

「勝手ながら」にはコミュニケーションを円滑にする効果も

ビジネスの場で相手に何かを依頼するさいに「勝手ながら」を使うと命令調になることがないため、コミュニケーションを円滑に図ることができます。

ただし「勝手ながら」という言葉を多用しすぎると、むしろ誠意が感じられなくなりますので、使用する頻度には気を配るようにしましょう。

「勝手ながら」の使い方

「勝手ながら」を使用する場合は、「勝手ながら」の前後に配置する文章を敬語表現にする必要があります。また「誠に勝手ながら」のように「勝手ながら」の前に丁寧な言葉を置くことで、さらに丁寧な敬語を表現することができます。

「勝手ながら」は敬語?

「勝手ながら」は、自分をへりくだる謙譲語です。しかしながら、そのあとの文章には、尊敬語・丁寧語・謙譲語のいずれの言葉でも続けることができます。

さらに最大限の敬意を払いたい場合は、「勝手ながら」の前に「誠に」をつけると、より丁寧な敬語表現となります。

「勝手ながら」は上司や目上の人に使える?

「勝手ながら」に続く言葉は、自分の行動を表す場合と、相手の行動を促す場合があります。ただ最初に「勝手ながら」と、自らへりくだることから、上司や目上の人に使用しても失礼にはあたりません。

「勝手ながら」に似た言葉とは?

似た言葉としては「恐縮ですが」があげられます。「恐縮ですが」も「勝手ながら」と同じクッション言葉となる表現です。そのほか「勝手とは存じますが」という表現があります。「勝手ながら」をさらに丁寧にしたいときに使える表現です。

「勝手ながら」の注意点

「勝手ながら」は便利な表現ですが、あまり多用しすぎないよう注意しましょう。基本的には、1つの文章では、本当に必要な1ヶ所だけに使うよう心掛けてください。具体的には、誰かに何かを依頼する場合、最初か最後の部分に「勝手ながら」を挿入します。