ビジネスの場における「いただけます」の意味・使い方・注意点

記事の著者:shuta

ビジネスの場だけでなく、日常生活の中でもよく耳にすることがある「いただけます」。

ただ、正しい使い方や注意点などを改めて考えることは少ないでしょう。「いただけます」の意味を正しく説明するのに戸惑う人もいるのではないでしょうか?

ここでは、「いただけます」に焦点を当て、言葉の意味や使い方などを紹介します。

「いただけます」の意味とは?

「いただけます」とは、「いただく」という動詞の連用形「いただけ」に、丁寧な表現である「ます」がついたものになります。ちなみに「いただく」は、「もらう」の謙譲語です。

「くださいます」との違いは?

「いただけます」に似た言葉としては、「くださいます」が挙げられます。ただ「いただけます」が「いただく」の謙譲語であるのに対し「くださいます」は「くださる」の尊敬語にあたります。

謙譲語と尊敬語の違いをわきまえて、使う相手やシーンによって使い分けましょう。

「いただきます」との違いは?

「いただけます」と一文字違いの「いただきます」は意味が異なるのでしょうか。

厳密に言えば「いただけます」は貰うことが可能である状態を表すのに対し、「いただきます」は貰えることが断定できる状態であることを表します。

「いただきます」との使い分け方

どちらも丁寧な表現であり、上司や目上の人に使っても失礼にはあたりません。

ただ何かを誰かに依頼するときは、可能であるならお願いしたいという意味合いがある「いただけますか」を使うことが適切です。

また「いただきます」を用いてお願いする場合は「いただきますか」という表現ではなく「いただきますようお願い致します」という表現となります。

漢字の「頂けます」との違いは?

「いただけます」を漢字にすると「頂けます」となります。読み方は同じですが、ひらがなと漢字の違いによって、微妙に使われ方が異なります。

「もらう」という動詞の謙譲語として使う場合は、漢字の「頂く」を使用しますが、補助動詞として使用する場合はひらがなの「いただく」を使うことになります。

名詞の後につく場合は「頂く」、動詞の後につく場合は「いただく」と覚えておきましょう。

「いただけますでしょうか」は敬語?

「いただけます」を疑問形にするときの正しい形は「いただけますか」となります。

よく「いただけますでしょうか」と使う人を見かけますが、「いただけます」という謙譲語と「でしょうか」という丁寧語が2つ存在しているため、二重敬語となり、日本語の使い方としては正しくありません。

「よろしかったでしょうか」は二重敬語?

「いただけますでしょうか」と似たような敬語で「よろしかったでしょうか」という言葉があります。「よろしかった」という表現が丁寧なイメージがあり、二重敬語のように思いますが、敬語ではないため、この表現は正しいとされています。

「いただけます」の具体例

それでは「いただけます」「いただけますか」についての具体的な例文を見ていきます。
・サービスをご利用いただけます。
→利用することが可能になったことを表す文章では「いただきます」より「いただけます」が適切です。

・メールをご確認いただけますか?
→こちらも確認することが可能かどうかを尋ねる文章であるため「いただけます」が適切です。