ビジネスの場における「ありますでしょうか」の意味・使い方・注意点

記事の著者:shuta

普段仕事をしているなかで「ありますでしょうか」という言葉を耳にしたことがあるかもしれません。

丁寧な言葉のように感じますが、不自然に感じる人もいるはずです。

そこで今回は、「ありますでしょうか」の言葉の意味・使い方・注意点について紹介します。

「ありますでしょうか」の意味とは?

まず「あります」はラ行五段活用の動詞「ある」の連用形である「あり」に、丁寧の助動詞「ます」が付いた形です。

また「でしょうか」も丁寧語になりますので「ありますでしょうか」は、敬語が2つ重なる二重敬語にあたります。

「ありますでしょうか」は、正しくない敬語表現

「ありますでしょうか」は、紹介したように「ます」と「でしょうか」が一緒に入っている二重敬語です。

正しい日本語ではないため、上司や目上の人に使用するのは避けましょう。たしかに「ありますでしょうか」は丁寧な表現で意味も通じはしますが、言い方もまわりくどく、ビジネスの場ではふさわしくありません。

他の敬語表現を正しく理解して使用するようにしましょう。

「ありますでしょうか」の類語とは?

「ありますでしょうか」の類語としては「ありますか」「おありですか」「ございますか」があげられます。

「ありますか」という表現は正しい敬語ですが、そのニュアンスから上司や目上の人に使うことに抵抗を感じる人もいるかもしれません。

そのため目上の人には「おありですか」「ございますか」を使うとよいでしょう。

「ありますでしょうか」の類語にも二重敬語はあるの?

類語である「おありですか」「ございますか」についても、語尾を「でしょうか」にする「おありでしょうか」「ございますでしょうか」という表現があります。

しかしながら、これらも二重敬語のため、正しくない日本語です。

「あるでしょうか」は使ってもOK?

「ありますでしょうか」に似た言葉として「あるでしょうか」という言葉もあります。この言葉は、二重敬語になっておらず、適切な表現といえます。

「ありますでしょうか」の類語の使い分け

それでは類語である「ありますか」「あるでしょうか」「おありですか」「ございますか」をどのように使い分ければいいのでしょうか?

たとえば「お時間はありますでしょうか」を正しい敬語表現にするならば、「ありますか」より「あるでしょうか」のほうが少し丁寧な表現になります。

また「ございますか」「おありですか」にすると、謙虚な気持ちが表れた表現となりますので、上司や目上の人にはこちらの表現を使用するといいでしょう。

ビジネス上での注意点

仕事の中で文書やメールを作成する際は、「ありますか」「あるでしょうか」「おありですか」「ございますか」といった正しい敬語を使うように心掛けましょう。

敬語の重なりに十分気をつければ、自然と「ありますでしょうか」という表現は使用しなくなります。