ビジネスの場における「不躾なお願い」の意味・使い方・注意点

記事の著者:shuta

ビジネスの場でよく使われる「不躾なお願い」という言葉。日常生活にで使うことはありませんが、ビジネスでは大変多用される言葉の1つです。

しかしなんとなく使っている人が多く、「先輩が使っていたから、真似して使ってる」という人が多数います。

ビジネス用語は間違って使うと、その後の信頼関係にも響きます。

そこで今回は、「不躾なお願い」の意味や使い方を紹介します。

「不躾なお願い」の意味

そもそも「不躾 (ぶしつけ) なお願い」とはどのような意味でしょうか。「無理な願い」という意味も含んでいますが、より正確には「無礼な頼みごと」を意味しています。

「不躾」がしつけがなっていない、すなわち「無礼・無作法」という意味を表わす言葉であるため、そのような意味になるのです。

この「不躾なお願い」という言葉は「失礼なお願いだとは承知しているのですが・・・」というようなへりくだったニュアンスを表わす言葉になります。

「不躾なお願い」の使い方

この言葉の使い方として、代表的なものが2つあります。

目上の人に頼みごとをしたいとき

この言葉は相手が無礼なお願いをしてきたときにも、自分が無礼なお願いをするときにも使える言葉です。しかし実際には「自分が無礼なお願いをするとき」にしかあまり用いられません。

上司など目上の人に対して差し出がましいお願いをしたいときに「不躾なお願いですが・・・」といった形でよく用いられます。

口語で使うことが多い表現ですが、メールなどの文語表現として使用しても、問題はありません。

無理な頼みをきいてもらって感謝するとき

無理な頼みをきいてもらったあと、感謝の気持ちを伝えるために用いることもできます。

「不躾なお願いにも関わらず対応していただき、ありがとうございました」などと無理な頼みをきいてもらった感謝の念を伝えるとき大変便利な言葉です。

より感謝の気持ちが伝わるので、上手く使用していきましょう。

「不躾なお願い」を使うときの注意点

この言葉は無礼を承知で相手に頼みごとをするときに用いるもの。使い方に気をつけるべき点が多くあります。

基本的に目上の人に何かをお願いするときの表現であることに留意する

この言葉は基本的に上司などの目上の人に頼みごとをするときに使う表現になります。

「不躾なお願い」は自分をへりくだらせる形の表現になりますので、目下の人や同僚に対してはあまり用いられません。

目下の人や同僚に用いたいときには「無理なお願いで申し訳ないんだけど・・・」という表現にしましょう。

多用しない

「不躾なお願い」は自分が頼みごとをするときにへりくだって相手に伝える言葉です。そのためこの言葉を多用しすぎると、その言葉が持つ重みが消えてしまいます。

たとえば書類のチェックなど毎日お願いしているようなことに対して、わざわざ「不躾なお願いですが・・・」と言ってしまうと、いざ本格的な頼みごとをしたいときに言う言葉がなくなってしまいます。多用せず、適切な頻度で用いるようにしましょう。

お願いの内容が相手にとって急であった場合や面倒なことである場合に用いる

前述したように、この言葉は多用すべきではありません。そのため使うシーンを限定し、必要なときだけ使うことが重要です。

「不躾なお願い」が意味する「無礼な頼みごと」とは、お願いの内容が相手にとって急であった場合や込み入っている場合などを指します。相手に迷惑をかけることを承知でお願いしたいときに用いる言葉なのです。

それ以外の簡単な頼みごとの場合は用いず、シーンを限定して使うようにしましょう。

基本的に相手に迷惑をかけることに留意する

無理なお願いをするときに用いられる表現ですので、基本的に相手に迷惑をかける行為を頼んでいるのだということに留意しましょう。

迷惑をかける程度が少しでも少なくなるよう、過不足なく解りやすく内容を伝えたり、頼みごとをするタイミングを見計らったりという工夫をすることがおすすめです。

状況によって連絡手段を使い分ける

「不躾なお願い」をするときの連絡手段として、直接言う場合や電話、メールなどが考えられます。しかし「メールだけ」「電話や対話だけ」などでは失礼に当たってしまうことも。

たとえば「不躾な」お願いは相手に迷惑をかけることが前提の頼みごとのため、メールで依頼されると不愉快な気分になる人もいます。時と場合によっては、メールだけでなく直接会ったり電話を併用させましょう。

前後の文脈で失礼のないようにする

「不躾なお願いですが・・・」とつなげるとき、基本的には一方的な頼みごとになります。無理な頼みごとをすることとなるので、少しでも相手を不快にさせないよう、前後の文脈にも気を配る必要があります。

「お忙しいなか、不躾なお願いで大変恐縮ですが・・・」など、前後の文にも配慮しましょう。

お願いの程度が相手に多大な迷惑をかけるときは、より丁寧にする表現を用いる

「不躾なお願いで申し訳ございませんが」や「不躾なお願いで恐縮ですが」などと付けることで、より丁寧な表現にすることが出来ます。

お願いの内容が相手に多大な迷惑をかけてしまうものであった場合には、これらの表現を用いてより丁寧さが伝わるようにしましょう。

頼みを聞いてもらった後には礼を尽くす

ビジネスにおいて関係を維持するためには、無理な頼みごとをきいてもらったさいにはしっかりと感謝の念を伝えることが重要。

頼みをきいてもらっただけで満足せず、相手にも「頼みをきいてよかった」と思ってもらえるくらいまで丁寧に感謝を態度や言葉で伝えましょう。