ビジネスの場における「ご検討」の意味・使い方・注意点

記事の著者:shuta

ビジネスにおいてよく使われている「ご検討」という言葉。実は、間違えて使われていることが多い言葉でもあります。

ビジネスの場では相手との関係を維持していくことが重要。間違えた言葉の使い方は相手に不快感を与えてしまい、関係を壊してしまうことも。

そこで今回は、「ご検討」という言葉の正しい意味や使い方を紹介します。

「ご検討」の意味

「ご検討」は「検討」に丁寧語である「ご」を付けた形の表現になります。「検討」はよく考えることです。

すなわち「ご検討」とは「よく考える」ことを丁寧に言ったときの言葉になります。

「ご検討」の使い方

「ご検討」という言葉は、「ご検討の程、よろしくお願いいたします」や「ご検討頂けましたら幸いです」などのフレーズでよく耳にしますよね。

この例文のように、「ご検討」という言葉は相手に何かを提案するときに「この提案に同意することを考えて欲しい=この提案を実行して欲しい」という思いを伝えるために用いられます。

ただ単に「~してください」と伝えるよりも、婉曲に提案したい場合に便利な言葉です。上司や取引先などの目上の人から目下の人まで幅広く用いることができます。

注意点

それではこの言葉を使う上での注意点をいくつか見ていきましょう。

 「ご検討ください」の使い方は注意が必要

よく間違えて使われがちなのが「ご検討ください」という言葉。「ご検討」は相手に何かをしてもらおうとするときによく用いられます。いわば一方的な頼みごとなのです。

そのため目上の人にただ「ご検討ください」と言うだけでは、失礼な印象を与えてしまいます。目上の人にこの言葉を用いる際には「いただく」をつけて「ご検討いただけましたら幸いです」などというようにしましょう。

相手との立場の関係性により前後の言葉を変える

「ご検討」という言葉は便利な反面、相手との関係性に気を配って使う必要があります。そしてこの言葉は前後の文脈によって、相手への伝わり方が大きく異なります。

例えば「ご検討ください」と「ご検討いただけましたら幸いです」では受ける印象が大きく異なりますよね。

「ご検討ください」は押し付けのような印象もあり、目上の人に使うことはオススメできません。対して、「ご検討いただけましたら幸いです」は婉曲に提案をしている印象が伝わってきます。しかし、これを目下、あるいは同等の立場の人に使うと、よそよそしい印象になるでしょう。

「ご検討」の前後の文脈を相手の立場に合わせて使い分けましょう。

回りくどい表現を用いない

前後の文章が長い場合、「ご検討の程をよろしくお願いいたします」などの表現を用いると、回りくどい印象を与えてしまう場合があります。

前後の文章を見てもし回りくどく感じるようであれば、「ご検討をお願いします」などのシンプルな表現に改めましょう。

使う頻度によって使うフレーズを変える

ビジネスの場では、繰り返しの検討が必要となることもしばしば。例えばAを提案→Aの問題点を指摘される→解決案Bを提案・・・といった具合ですね。

繰り返しの検討が必要となる場合、メールのたびに「ご検討いただけましたら幸いです」などと書いていては、しつこい印象を与えてしまいます。

繰り返し用いる場合には「ご検討をお願いします」や立場が対等なら「ご検討ください」でも十分です。

相手を気遣うフレーズも入れる

「ご検討」をお願いするということは、一方的な提案をしていることになります。そのため相手の状況を気遣うフレーズを入れることが適切です。

「お忙しい中恐縮ですが」や「ご迷惑とは存じますが」などの前置きを併せて用いましょう。

「ご検討いただけましたら幸いです」は使うシチュエーションを限定する

「ご検討いただけましたら幸いです」は相手がこちらの提案を受諾しない可能性がある場合にも用いることができる表現。自分を大きくへりくだらせる表現ですので、取引先でも気持ちよく受け取ってもらえます。

しかしこの言葉を多用しすぎると、自信がないと捉えられてしまう場合もあるため、多用しすぎないようにしましょう。

 「よろしくご検討をお願いします」は誤用

間違えて使われがちなのが「よろしくご検討をお願いします」という言葉です。

「よろしく」と「お願いします」は併せて用いる表現ですので、一文の中で分断して用いることは出来ません。そのためこのフレーズは誤りとなります。

「ご検討をよろしくお願いします」などと「よろしくお願いします」を分断せず、そのまま使いましょう。

受諾してもらったら、お礼を忘れない

社会人のマナーとして、提案を受諾してもらって終わりではいけません。提案を呑んでもらったお礼を速やかに伝えましょう。

大きな提案を呑んでもらった場合には、電話や直接お礼を言うことがおすすめです。小さな提案を呑んでもらっただけの場合でも、メールでのお礼は忘れないようにしましょう。