ビジネスの場における「何卒」の意味・使い方・注意点

記事の著者:shuta

「何卒」という言葉は、ビジネスでよく使っている方は馴染んでいるかもしれませんが、新入社員の方などで、あまり目にする機会のない方は読み方に注意しなければいけません。

まず「何卒」は「なにとぞ」と読みます。「なにそつ」とつい読んでしまいそうになりますが、読み方から正しく使っていきましょう。

そこで今回は、ビジネスの場における「何卒」の言葉の意味・使い方・注意点を紹介します。

「何卒」の意味

「何卒」は相手への強いお願いの気持ちをあらわす副詞として用いられます。

例えば、「よろしくお願いいたします」という気持ちを、より強めたい場合に、「何卒よろしくお願いいたします」と表現します。「どうかよろしくお願いします」といった気持ちを表現します。

その他、「何とかして」という自分が最善を尽くす意味の表現でも用いられます。

「何卒」の使い方

何卒よろしくお願いいたします

ビジネスの場において、メールや書面で使うことが多い言葉ですが、会話で使われることもあります。

ただし、少し堅苦しい印象があるので、使う相手や頻度に注意が必要でしょう。

ビジネスメールの定型文では、「何卒よろしくお願いいたします」はよく使われます。何かをお願いしたり、依頼したりするときに、用件だけを伝えただけでは、時として失礼にあたります。

この言葉を用いることで、文章全体が締まって、フォーマルな表現になります。

何卒ご了承ください

物事をお願いや依頼するときにも使用することができます。

たとえば、許しをお願いや依頼をしたいときに、「何卒ご了承ください」という表現や「何卒ご査収のほど、よろしくお願いいたします」という表現が用いられます。

何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます

謝罪の場面で使用することができます。

「何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます」または「何卒ご容赦のほどお願い申し上げます」という表現はよく用いられます。

何卒、〇〇のほど〜

ビジネスに場において、「○○のほど」という言葉を併用することで、用件を強めることができます。

たとえば、メールの返信が少しでも早く欲しいケースが多くあると考えれれます。そのとき「何卒、ご返信のほどお願い申し上げます」とすることで、用件を強めることができスマートに伝わります。

「何卒」を使うときの注意点

使う相手には注意が必要

「何卒」の使う相手に気を付けることです。

会社の同僚に、「何卒よろしくお願いいたします」を使用した場合、必要以上にかしこまった言い回しとなり、受け取る相手も少し困惑してしまいます。

上司や取引先の相手に対して、締めの言葉として用いるようにしましょう。

何卒のあとに続く言葉には注意が必要

「何卒お願いします」と用いられる方がいますが、「何卒」がより強い気持ちを表す丁寧な表現であることからも、語尾に注意しなければいけません。

「何卒」を用いる場合は、あとに続く言葉は、「お願いいたします」もしくは、「お願い申し上げます」と使用したほうが、より丁寧な表現となります。

多用し過ぎないよう注意

ビジネスの場において、強いお願いや依頼をするときに使う言葉です。文章の締めとして、あまり多用しないように注意しなければいけません。

形式的に何度も使用していると、軽い人間としての印象を持たれることになり、今後の信頼を失うことになりかねません。

「どうか」「どうぞ」との併用に注意

類義語と併用することには注意しなければいけません。

「何卒」のあとに付けて、より気持ちを強調するために、「どうか」「どうぞ」などの類義語を付け加える方がいます。

このように「どうぞ、何卒宜しくお願い申し上げます」という形にしてしまうと、かなりくどい感じがすると思います。

「どうか」「どうぞ」との併用には注意をしましょう。