ビジネスの場における「幸いです」の意味・使い方・注意点

記事の著者:shuta

ビジネスの場において、「幸いです」という言葉はよく使われる表現です。

正確な意味を理解できていないと、誤った内容で相手に伝わってしまいます。間違った使い方をしている人が多い表現になりますので、正しい使い方ができるように注意しなければいけません。

「幸いです」は、ビジネスシーンではよく使われる大事な表現ですので、正しく用いることで自信になることはいうまでもありません。

そこで今回は、ビジネスの場における「幸いです」の言葉の意味・使い方・注意点を紹介します。

「幸いです」の意味

「幸いです」とは、「嬉しく思います」もしくは「幸せなことです」という意味になります。

この言葉は、メールや会話で用いる場合「自分にとって嬉しい・幸せなことだ」といった気持ちを表現するために使用します。

つまり、相手が好意的にとらえてくれると嬉しいといったような相手主体の意味になります。

「幸いです」の類義語

「幸いです」の類義語についてご紹介します。

まず、「幸いです」の言い換えとして「助かります」という表現があります。少し「幸いです」よりも平易で親しみやすい表現になります。

次に、「幸いです」の言い換えとして「幸甚です」という表現があります。こちらは、「この上なく嬉しい、この上なく幸せです」という意味で、相手の方に敬意を払う表現となります。

「幸いです」の使い方

主に文書で使用する言葉

口語よりも、メールなどの文書で使うことが多い表現になります。

口頭で使うのは、相手の方に固い表現として受け取られ困惑させてしまうことがあるため、むしろ避けたほうがよいでしょう。

クッション言葉として最適な表現

一般的に相手に何かお願いしたい場合には、「○○してください」という表現を用いることが多くあります。

しかし、このような直接的な表現をすると、相手に失礼にあたると感じる場合は、クッション言葉で柔らかい印象をもたせるために、「幸いです」という表現を使用します。

実際には、「○○していただければ幸いです」という表現がよく用いられます。

相手に便宜を図るときに使う

相手に贈り物をする場合や何らかの便宜を図る場合に使用します。

自分が贈り物をしたことに対して、「相手方が喜んでくれたら嬉しい」と自身が期待の気持ちを表す表現となります。

自身が期待の気持ちを持つ意味は、自分が嬉しいということよりも、あくまでも相手方が素直に喜んでくれることを期待する表現となります。

「幸いです」の注意点

自分の依頼に対して、相手方がどう判断するかは、相手方に委ねられています。ビジネスでの急用などの大事な要件のときは、使用しないように注意しなければいけません。

このように「幸いです」という言葉は、使用するときに注意するべき点があります。

確実に用件を依頼したい場合は使わない

「幸いです」は相手の方に何かを依頼するときに使う表現です。

注意しなければならない点は、お願いする気持ちの強さとしては、「○○してくれたら助かる」といったような軽い表現とも受け取れることです。

ケースによって確実に用件を依頼したいときがあります。何か強くお願いしたいときは、「お願い申し上げます」といった表現を使うようにします。

多用しないこと

「幸いです」は形式的な表現であり、ビジネスにおいて文章で使うことはとても便利な表現になります。

しかし同じ文章の中で、何度も使用すると、相手の印象が悪くなり、その後の信頼を失うことになりかねません。

多用しすぎないように、注意しましょう。

目上の人に使うときは注意が必要

「幸いです」という表現は、軽い表現でもあるので、目上の人に対して使うと、失礼な印象を与えてしまう場合もあります。

目上の人に対して敬意を表したいときは、「幸いに存じます」を用いましょう。

お世話になっている上司や取引先などに、最大限の敬意を表したいときは、「幸甚に存じます」といった表現が適切だと考えれれます。

「存じます」とは、「思います」を敬語にした表現です。