やっていてよかった!薬剤師のやりがい・魅力4選

記事の著者:haruki hatano

薬のスペシャリストである薬剤師。薬剤師は薬を必要な人に提供していく仕事です。薬剤師として働いている人たちはどのようなことにやりがいと魅力を感じているのでしょうか。今回はやりがいと魅力を4つ紹介しています。

薬剤師に将来なりたいと思っている方がいれば、チェックしてみましょう。こんなやりがいや魅力があったんだということが分かると思います。

医療チームの一員になることができる

薬剤師はドラックストアや院内薬局で働いているいうイメージが強いかもしれません。ドラックストアや院内薬局での薬の処方もやりがいはある仕事です。しかし薬の処方が主な仕事になってしまうことがほとんどです。

一方で薬剤師は病院でも働いています。病院内で働く薬剤師は、患者さんが病気から回復していく過程を見守ることができます。病院やクリニックでは、薬剤師も立派な医療チームの1人です。

医者や看護師、また検査技師などとともに患者さんをサポートしていきます。患者さんの病気を医療チーム一丸となって治すことができる薬剤師はとてもやりがいのある仕事です。

専門知識を提供できる

ドラックストアや院内薬局で働くことの多い薬剤師。院内薬局で働いている薬剤師は周りの人に薬剤師と分かってもらいやすいので、薬に対しての質問を受けたりなど専門的な知識を持って働くことができます。

しかしドラックストアなどで働く薬剤師の存在は実はあまり知られていません。ドラックストアの店員としか見られていなく、なかなか専門的な知識でお客さんと触れ合うことができないという人も多いのです。

そのためドラックストアの薬剤師は、薬のことについて聞かれるととても嬉しいのです。薬剤師として薬の知識をもって、お客さんと触れ合うことにやりがいを感じています。そのためドラックストアで薬を選ぶ時は遠慮せずに、薬剤師に聞いてみましょう。

ドラックストアの薬が並べられているスペースにカウンターがあるかと思います。そこに薬剤師がいます。基本的に薬剤師からしか薬は購入することができないので、覚えておきましょう。

製薬会社で最前線で働くことができる

製薬会社で働くことができる薬剤師もいます。薬剤師になった人の多くは薬を提供することで人の役に立つ仕事をしたいと思っているものです。製薬会社ではみんながみんなではありませんが、薬の開発に関わる仕事ができる方もいます。

薬の開発現場は、医療の最前線といってもいいかもしれません。新しく人の役に立つ薬の開発に携わることにやりがいを感じている方もいるようです。

給料がいい・再就職しやすい

薬剤師の魅力で大きいものはやはり給料がいいことでしょう。薬剤師の多くは女性で、女性が活躍できる仕事としても人気があります。平均年収はなんと500万円。働く場所にもよりますが、700万円以上の所もあります。

もちろん地方ではもっと年収は低いですが、それでも他の業種と比べると薬剤師の給料はいいです。あくまで平均ですが、女性の年収のなかではかなりの高年収であることが分かります。

ドラックストアの場合は休みはお店によって異なりますが、院内薬局の場合、お正月が休みであるところが多いです。そのため、お休みを比較的しっかり取ることができます。

さらに現在、薬局はコンビニの数よりも多いと言われています。そのため、転職がしやすいです。もし、結婚し旦那さんが転勤族だった場合でも、薬剤師ならどこへ行っても働き口があるのです。

給料がよく、働き口も多い薬剤師はとても魅力的な職業であるといえるでしょう。