パターン別、毎日仕事で怒られる人が気をつけるべきことまとめ

記事の著者:haruki hatano

気をつけているつもりなのに仕事で毎日怒られてばかりでは、心が折れてしまいそうになります。

仕事で怒られないようになるためには何に気をつけたらいいのでしょうか。毎日怒られる人が見直したいポイントを見ていきましょう。

まずは自分に非があるのか、上司が理不尽なのかを考える

まず、仕事で怒られてしまった時に考えるべきことは、自分に非があるのか、それとも上司の怒りが理不尽なのか、それともその両方なのかという点を整理することです。

自分に非があって、それを指摘することで自分を成長させることを上司が目的にしてくれているのであれば、素直にそれを受け止めて、改善することが必要です。

しかし、上司がただ単に機嫌が悪くなって怒りを自分にぶつけてきているような状況の場合は、それを受け止める必要はありません。

また、この両方のパターンに当てはまるという状況もあるでしょう。これは、たしかに上司の指摘には筋が通っているのだが、コミュニケーションの方法として怒るという手段が本当に効果的なのかは疑問が残るというケースです。

指導がうまい上司であれば、感情的ではなく論理的に、何がどのように間違っていて、それを改善するためにどの点について考えるべきかという点までを伝えてくれます。同じミスを何度も繰り返しているようならば分かりますが、そうではない場合には怒るという方法が適切なのかは怪しくなります。

このように、上司の怒りはどのようなパターンに当てはまるのかを考えると、怒られている原因が明確になるので、その後の対処法が明確になってきます。

以下のパラグラフで、パターン別の原因と対処法をより具体的に見ていきましょう。

自分に非があって怒られる時の対処法

まずは、自分に非があるパターンとして、一般的に会社員が怒られる原因としてありがちなものを挙げていきます。

対処法も併記してあるので、まずは自分が以下に当てはまっていないかを確認してみてください。

ハキハキ話す

毎日怒られてしまうのは、リアクションがよくないからかも。声が小さかったり、挨拶がなかったりすると、「ちゃんと伝わったのだろうか」「客の前に出すのは恥ずかしい」と上長も不安になります。

挨拶を含め、ハキハキ明瞭に話すことを心がけましょう。もちろん仕事なので、単に明るそうに振る舞うだけではいけません。

自分の意見をしっかりと考えて、それを明確に伝えられるようになりましょう。相手が聞き返さずとも話が伝わるようにするのがポイントです。

報連相を怠らない

毎日怒られる人は、上司に相談をしようにも「また怒られるから話しかけたくない」と避けている人も多いはず。ついつい都合のいい報告しかしなくなりがちです。

これは部下とコミュニケーションが取れるような体制をつくれていない上司の問題でもあるのですが、いずれにしても都合の悪いことを隠蔽していては、後になってそれがバレた時にさらにひどく怒られることになります。会社が謝罪するレベルの問題に発展してしまうと、最悪の場合はクビになるどころか損害賠償まで求められるようになるおそれがあるでしょう。

逆に適切に報連相をおこなっているにもかかわらず、適切な指示が送られてこない場合には、上司の指導力不足ということで責任を彼に押し付けることができます。

自分の身を守るためにも、報連相はきちんとやりましょう。

メモを取る

ちょっとした仕事を頼まれても、「何を、いつまでに」という基本情報を忘れてしまいがちで毎日怒られる人もいるでしょう。

何度教えられても仕事の手順が覚えられず、怒られるという場合もあるかもしれません。一回で覚えられる器用な人はなかなかいませんし、覚えたつもりでも忘れてしまうもの。

仕事上のことはメモを取っておくのが鉄則です。手帳やTo Doリストを活用して、上司や周りの人の手を煩わせないように心がけたいところです。

「怒られない」ことを目的にしない

毎日怒られていると、「上司や怖いあの人に怒られないようにしよう」と怒られないことを第一の目的として仕事をする習慣がついてしまいます。しかしこれが間違いの元。

仕事は、最終的にそのモノを使ったりサービスを受けたりするお客さんのために行うものです。ここを履き違えているために、さらに余計に怒られているのかもしれません。

お客さんの喜びを目的として動き、達成感を味わえるようになったら、成長できるはずです。

自分に合った仕事につく

努力を重ねているのにもかかわらず、仕事でどうしても怒られてしまうという場合には、残念ながらその仕事が向いていない可能性があります。

だれにも得意・不得意はあるものなので、この場合は自分に合った仕事を探すために転職をしましょう。

リクルートエージェントやマイナビエージェントのような大手求人サイトに登録すれば、10万社以上の求人の中から仕事を探すことができるので、まずは登録して自分に合った求人を探してみてください。

リクルートエージェントに登録する(無料) マイナビエージェントに登録する(無料)

上司が理不尽に怒ってくる時の対処法

次に上司が一方的に怒りをぶつけてきた時の対処法を紹介します。

自分を責めすぎない

上司が一方的に怒りをぶつけてくる時には、自分を責めすぎないようにするしかありません。

毎日怒られているからといって、「自分はダメな奴なんだ」と自分を追い詰めていては、うつなど心の病気になるのは時間の問題です。

仕事でうまくいかないからといって、自分を全否定する必要はありません。

怒るのが上司やその人の一種のリズムかもしれず、あまり真に受けなくていい場合もあります。ミスは反省しつつ、「それは言い過ぎでしょ」と思ったら聞き流すのも手です。

異動・転職する

上司が理不尽に怒ってくる職場では、自分の心を閉ざして自分を守る以外には、物理的に距離を開ける以外の方法はありません。

もし社内で異動ができるようならば、異動の希望届を出して、上司と異なる部署に移りましょう。

もし、異動ができない職場ならば、会社自体を変えるしかありません。転職をして、上司との縁を完全に切ってしまいましょう。

急に転職と言われると不安になるかもしれませんが、リクルートエージェントやマイナビエージェントのような大手求人サイトに登録すれば、経験豊富なキャリアエージェントが転職活動のサポートをしてくれるので安心です。

利用はすべて無料なので、まずは登録して自分に合った求人を探してみてください。

リクルートエージェントに登録する(無料) マイナビエージェントに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。