もう怒られない!毎日怒られる人が気をつけるべき事5つ

記事の著者:haruki hatano

気をつけているつもりなのに毎日怒られる、それは気をつけるポイントを間違っているからかもしれませんよ。

怒られないように注意しているはずなのに毎日怒られてばかりでは、心が折れてしまいそうですよね。

では何に気をつけたらいいのでしょうか。毎日怒られる人が見直したいポイントを見ていきましょう。

1. ハキハキ話す

毎日怒られてしまうのは、リアクションが良くないからかも。声が小さかったり、挨拶がなかったりすると、「ちゃんと伝わったのだろうか」「客の前に出すのは恥ずかしい」と相手も不安に。

挨拶を含め、ハキハキ明瞭に話すことを心がけましょう。単に「明るそうに振る舞う」のではなく、言いたいことが伝えるのが目的。相手が聞き返さずとも話が伝わるようにするのがポイントです。

2. 報連相をきちんとする

毎日怒られる人はついつい、都合のいい報告しかしなくなりがちです。上司に相談をしようにも「また怒られるから話しかけたくない」と避けている人も多いはず。

これではミスや誤解が発生しやすくなって怒られるのがオチ。都合の悪いことを隠蔽して、会社が謝罪するレベルの問題に発展してしまうこともあります。

最初は報連相をしても怒られてしまいがちかもしれませんが、きちんと意思疎通を図ることで信頼の置ける存在になります。

3. 仕事上のことはメモを取る

ちょっとした仕事を頼まれても、「何を、いつまでに」という基本情報を忘れてしまいがちで毎日怒られる人もいるでしょう。

何度教えられても仕事の手順が覚えられず、怒られるという場合もあるかもしれません。一回で覚えられる器用な人はなかなかいませんし、覚えたつもりでも忘れてしまうもの。

仕事上のことはメモを取っておくのが鉄則です。手帳やTo Doリストを活用して、上司や周りの人の手を煩わせないように心がけたいところです。

4. 自分を責めすぎない

毎日怒られているからといって、「自分はダメな奴なんだ」と自分を追い詰めていては、うつなど心の病気になるのは時間の問題です。

仕事でうまくいかないからといって、自分を全否定する必要はありません。

怒るのが上司やその人の一種のリズムかもしれず、あまり真に受けなくていい場合も。ミスは反省しつつ、「それは言い過ぎでしょ」と思ったら聞き流すのも手です。

5. 「怒られない」ことを目的にしない

毎日怒られていると、「上司や怖いあの人に怒られないようにしよう」と怒られないことを第一の目的として仕事をする習慣がついてしまいます。ですがこれが間違いの元。

仕事は、最終的にそのモノを使ったりサービスを受けたりするお客さんのために行うもの。履き違えていては、余計に怒られることも。

お客さんの喜びを目的として動き、達成感を味わえるようになったら、一つ成長できるはずです。