誠意ある対応を!アルバイト採用をうまく辞退する方法

記事の著者:haruki hatano

アルバイトの面接をし、見事採用の連絡をもらえたのに、連絡があったバイト先の採用を断らざるを得ない状況になることがあります。

面接の担当者から採用の連絡がくると、断りにくいのものです。
かといって二つ返事でOKし、出勤当日に無断欠勤するようなことだけは、絶対に避けなければいけません。

断ると決めたのなら、一度はそこに応募した人間として、きちんとしたマナーをもって対処する必要があります。
バイトの面接を受けて採用されたけど断わりたい時のコツをご紹介。

迅速な対応

採用を断るときは、そう決めた時点ですぐに先方に伝えましょう。

先方は人材を確保したと思っているので、バイト募集を終了しているかもしれません。
素早く辞退の意思を伝えることで、先方は次のバイトを探すなど、アクションをおこすことができます。

辞退の理由を聞かれたら、条件が合わない、ほかのバイトに採用されてそっちに行きたいなど、なるべく正直に話しましょう。
ほとんどのバイト先は、採用したものの辞退される経験を何度もしていますし、それが原因でなにか大問題になることはありません。

連絡はなるべく対面や電話で

面接の時には雇ってもらおうとお願いしたのに、いざとなってこちらから採用を断るのは気まずいかもしれません。
しかしこんなときだからこそ、できれば出向いて顔を見て、最低限電話で直接自分の口から伝えましょう。

メールやSNSなどであれば気は楽かもしれませんが、大事なことは対面や電話できちんと伝えるのが社会人として基本のマナーです。

相手の立場に立つ

どのような経緯で辞退することになったとはいえ、一度は応募した求人です。
相手の貴重な時間を使ってもらって面接を受けたということと、時間をとって選考してもらったという感謝の気持ちと、自分の都合で断ることになって申し訳ないという気持ちをもって、辞退の意思を伝えることが大切。

もう話すこともないだろうからと適当な態度をとることなく、自分がされたら嫌な態度や、嫌な言葉を使わないように心掛けましょう。

敬語を使う

辞退を伝えるときは、もちろんタメ口はNGです。
言葉一つで、相手に与える印象はがらっと変わります。

相手が理不尽な怒り方や要求をしてくる場合があるかもしれませんが、こちらは感情的にならないことを意識しましょう。
採用を辞退する時でも、お互いモヤモヤが残らないようにしたいですよね。

電話で面接辞退を伝えるタイミング

電話で面接の辞退を伝える場合、連絡するタイミングに配慮することが必要です。

飲食関係の職場であれば、昼や夜の営業時間帯。
アパレルであれば、日中や夕方など、お店が忙しい時間帯は避けた方がよいでしょう。

デスクワーク系のバイトであれば、打ち合わせなどが入りやすい午前中、昼食時や終業間際が連絡を避けた方がよい時間帯となります。