昇進・昇格・昇給の違いとは?それぞれの意味を解説します

記事の著者:haruki hatano

会社勤めをしていると、よく聞かれる言葉の中に昇進と昇格があります。昇進と昇格がどういう意味で使われているのかご存知ですか?

そこで、今回は昇進と昇格について、それぞれ一体どう違うのか見ていきましょう。会社務めをするのなら、しっかりと違いについて理解しているといいでしょう。

同じような意味でつかわれることの多い昇給についても説明していきます。

昇進と昇格それぞれ違うの?

昇進と昇格について、似ているような気がしますが実際にはどうなのでしょうか。まずは昇進と昇格の違いについてみていきましょう。

昇進とは

まずは昇進についてみていきましょう。昇進とは地位が上がることをいいます。

地位とは「社会や集団において、目標、規範、価値基準などによって、一定の形に配列されている人々の位置のこと」です。分かりやすくいえば、これまで肩書きがなかった人が課長になったり、課長から部長になったりした場合に「昇進した」といいます。

ちなみに一般的な昇進の順ですが、主任→係長→課長→次長→部長→本部長→事業部長→常務→専務→社長→会長となります。しかし、企業によってはバイザーやマネージャーなど別の言葉で呼ばれることもあるようです。

昇進はしたくても自分から希望を出すことはできません。一般的には昇進会議にかけられ、自分より役職が上の人たちの決定によって昇進が決まります。

いくら勤続年数が長くても、能力がなければ昇進することはできません。定年まで平社員のままという人ももちろんいます。また、いくら能力があっても空きが出ないと昇進はできません。

昇進が簡単なものでないことが分かります。

昇格とは

昇進と似ている言葉に昇格があります。次に昇格についてみていきましょう。

昇格は会社など組織内の職能資格制度において、現在の資格から上の資格に上がることを意味します。この職能資格制度は会社によって呼ばれ方が異なります。職務等級制度、役割等級制度といった名前が使われることもあるようです。

等級は社内でのランクのようなもので、1等級→2等級→3等級といったかたちで設定されています。例えば同じ課長という役職についている人でも、それぞれの課長が値する等級は異なっている可能性があるのです。

この等級の評価は、人事考課や社内試験、面接などの結果を元にして与えられています。

昇進と昇格の違いについて

昇進と昇格は似たような意味をもちます。どちらも今の自分からランクアップすることです。しかし昇進と昇格は完全に同じ意味ではありません。等級が上がって昇格しても、ポストに空きがなければ昇進することはできないのです。

逆に、極端に言えば昇進しても昇格はしていないということもあります。もちろんパターンとして多いのは、昇格はしたけれど昇進はしていない状態ですね。なかなかポストの空きはでないようです。

昇進と昇格、どちらも似たような意味で使われますが、まったく違う意味をもつので間違って使わないようにしなければなりません。

昇給について

ちなみに昇給も昇進や昇格と同じような意味で使われる言葉です。

昇給は給の文字があることからも分かる通り、給料がアップすることをいいます。定期的にもらうことのできる給料がアップしたら昇給です。給料は業績によって変わることもあるので、昇進・昇格の結果とは関連がなく、昇給されることも多いです。

なお、年功序列で上がったり人事考課で上がる昇給のことを定期昇給といいます。そして社員全員の給料の底上げを行うことをベースアップといいます。こちらも覚えておきましょう。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。