関係によって使い分けて◎寿退社の人に喜ばれるメッセージ例7選

記事の著者:haruki hatano

寿退社の人に簡単な寄せ書き…でもいざ書こうとすると何を書いたらいいか悩んでしまいますよね。

ずっと残るものだからこそ、失敗はしたくないもの。

関係が薄くて「何も書くことがない」という悩みもありますよね。ただ、近しい間柄だからといって何を書いてもいいというわけではありません。

それでは、寿退社の人に喜ばれるメッセージを見ていきましょう。

1. 「家庭に入っても元気で頑張って下さい」

同僚や後輩にはストレートに「頑張って下さい」でOKです。出産や育児などこれからの活躍を祈るメッセージにするのがポイント。

ただし、上司や先輩に対してだと軽すぎて使えません。その人と一緒にした仕事を思い出しながら、他のメッセージを探していきましょう。

2. 「本当にお疲れさまでした」

これはいろいろな立場の人に使えるメッセージです。上司でも、他部署のあまり知らない人にも、失礼になりません。

同期なら、「入社から○年間、お疲れさま」と一緒に働いた年数を入れてもいいですね。

ただし「長い間お疲れさまでした」はちょっと考えもの。定年退職者みたいですし、結婚まで長くかかった嫌味かな、と受け取られてしまうこともあります。

3. 「幸せな家庭を築いて下さいね」

寿退社、結婚といえばこのメッセージです。家庭という新たなステージへと送り出すイメージですね。もらった方も励みになります。

どちらかというと人生の先輩らしいメッセージなので、相手が先輩や同僚の場合は「末永くお幸せに」がおすすめ。結婚を祝福するコメントも喜ばれます。

4. 「○○さんの笑顔にはいつも元気づけられていました」

寿退社ということで、女性らしさや花嫁らしい明るさを強調したメッセージも使えます。「持ち前の明るさで楽しい家庭にして下さい」などとしめくくると良いでしょう。

ただし、笑顔をいつも見られるような間柄でないと不自然。同じ部署の人には使えますが、たまに会う程度の人に親しげに書くのは避けた方が無難です。

5. 「もっと一緒にお仕事がしたかったです」

辞めてしまうことへの寂しさをにおわせると、「慕われていたのかな」と嬉しくなるもの。仕事で教えてもらってお世話になったことなどを書き添えれば、さらに喜ばれます。

ただ、お祝いのメッセージなのでことさらに「寂しい」「残念です」と書くのは控えた方がいいでしょう。「辞めたらまずかったかな」と不安に思われてしまいます。

6. 「いつか新居にもお邪魔させて下さい」

親しい間柄であれば使えるメッセージです。めでたい寿退社でも「退職したら会社の人とは何の関係もなくなる」と寂しく思っている人は多いもの。親しみがぐっとアップします。

お互いに社交辞令だとどこかでわかっていても、悪い気はしません。仲が良かった人にはこの言葉でしめくくりたいですね。

7. 「一緒にお仕事ができて楽しかったです」

これはあまり近しくなかった人にも使える便利なフレーズ。「楽しかった」と言われて誰も悪い気はしません。単発のプロジェクトなどで一回しか一緒に仕事をしていない人にも可です。

「○○の件は大変でしたが、楽しかったですね」など具体的なエピソードを入れると親しみが増し、好印象になります。