「前職の働き方」にこだわりすぎ?仕事をすぐ辞める人の特徴7つ

記事の著者:三吉

人生の中で、長い付き合いとなるのが「仕事」です。

ひとつの仕事を長く続けられる人もいれば、それができずにすぐ辞める人もいます。

なかなか仕事を続けられない人には、どのような特徴があるのでしょうか。

今回は、仕事をすぐ辞める人の特徴について、7つご紹介します。

コミュニケーションが苦手

仕事上の付き合いでは、必ずしも自分と相性がいい人だけと付き合うことができません。

相性が良くない人と上手に付き合うことができない人は、職場内の人間関係を構築することができずにすぐ辞めてしまいます。

コミュニケーション不足により、他の同僚に対しても迷惑をかけています。

すぐサボる

仕事でイヤなことがあると、すぐに仕事に行きたくなくなり、そのままサボってしまう人がいます。サボることが癖になってしまうと、イヤなことがあったら仕事を辞めればいいという思考に陥りがちです。

その様子を同僚はよく見ているため、職場内での居心地も悪くなることでしょう。

労働条件にうるさい

少しでも条件のいい職場で働きたい気持ちはわかりますが、それを必要以上に会社側に押しつけてしまうあまり、労働条件の折り合いがつかず、すぐに仕事を辞めてしまう人がいます。

労働条件の理想を追い求めるのもいいですが、現実を直視することも大切です。

「前職の働き方」にこだわりすぎる

会社にはそれぞれの社風があり、働き方もそれぞれです。前職の経験を活かすことは、ビジネスパーソンにとって武器にもなりますが、それにこだわりすぎてしまい、現職での働き方に馴染めない人がいます。

働き方に柔軟性がないと、転職してもうまくいかず、すぐに辞めてしまうことでしょう。

キャリアに対する理想が高すぎる

ビジネスパーソンとして、自身のキャリア構築を考えることは重要です。しかし、その理想があまりに高すぎると、現実とのギャップに嫌気がさしてしまい、ふとしたきっかけですぐに辞めてしまいます。

自分がやりたいことと、その会社でできることのマッチングがうまくできない人に多く見られる傾向です。

仕事上のトラブルに堪えられない

どんなに気を付けていても起こる可能性があるのがトラブルですが、それを解決できると自信につながります。

けれども、起こったトラブルに対して感情的になり、我慢することができない人はすぐ辞めます。

社会人として成長する機会を失うわけですから、転職しても同じことを繰り返します。

転職グセが抜けきらない

一度、転職することが癖になってしまうと、それが抜けきらない人がいます。待遇面や職場環境にかかわらず、「飽きた」などの理由で辞めるため、自分でも転職する癖をコントロールできなくなります。

転職を繰り返すうちに、企業が敬遠する人材になってしまうことに気付けていません。

自己分析と改善する努力を

仕事をすぐやめる人の特徴として、仕事や会社に対して、自分本位で向き合っていることが挙げられます。

社会人として、すぐ仕事を辞める癖がついてしまうと、その状態から抜け出すことは極めて困難です。

そうなる前に、仕事を辞めたいと感じた気持ちを自己分析し、それを改善する努力をしていきましょう。

自分一人ではどうにもならないことも考えられますので、上司や同僚と協力しながら社会人としてのキャリアを構築していきましょう。