腰痛持ちの看護師に向いている職業。医療業界で働き続けることが正解とは限らない

記事の著者:shuta

看護師の職業病といえば、まず腰痛と答える人が多いのではないでしょうか。それほど、看護師と腰痛とは、きっても切れない関係にあります。重くて大きい器具や患者を持ち上げたり、無理な体勢になることが多いからです。

そのため、腰痛が慢性的になってしまい、生活に支障が出てしまうこともあります。今回はその原因と対策を紹介していきます。

看護師が腰痛になりやすい原因とは?

看護師は立ちっぱなしで、患者のお世話や容体チェックをおこないます。また患者の介助や移動など力を使う業務も多くあります。そのため中腰で仕事をしたり、身体を捻る動きなども多いため、腰への負担は大きく、腰痛を患う看護師は多いです。

また不規則な生活を送っていることが多い看護師は、体の疲労がしっかり取れていないまま仕事をしていることもあります。そのため、寝不足や疲労が腰痛を悪化させている可能性も否めません。

看護師が少しでも腰痛を予防・改善するためには?

慢性的な腰痛を患うと日常生活に支障が出てきます。重症化してしまうと立てなくなってしまったり、歩けなくなってしまうこともあります。

少しでも腰痛を感じるのであれば、腰を労って仕事することをおすすめします。

  • 腰に痛みが出ない姿勢を意識して仕事をする
  • かかとが低く、疲れにくい靴に変える
  • 毎日帰宅後、ストレッチをする
  • 痛みが定期的にある場合は、整体やマッサージで、筋肉のコリをほぐそう
  • 痛みがひどい場合は、コルセットをして過ごす
  • 体にあったベットに変えてみる
  • 腹筋・背筋を鍛えて、腰痛改善
  • 猫背に気をつけるようにする
  • 必ず湯船に浸かって、腰を温めるようにする

あまりにも痛みがひどい場合は、病院で診察を受けることをおすすめします。痛みを放置するとヘルニアなどになってしまう場合も。ヘルニアまでの重度の腰痛になると、一定期間休んだら楽にはなるものの、また同じ業務をすると、痛みが伴うようになってしまいます。

腰痛持ちの看護師に向いている職業

看護師のなかには腰痛を原因に転職をする人も少なくはありません。しかしせっかく資格を取ったのに、看護師業から離れることに抵抗を感じる人は多くいるでしょう。

そこで、腰痛持ちの看護師でも働ける、医療職を紹介します。

眼科の看護師

科を移るのであれば、眼科が最も腰に負担の少ない科と言えます。患者さんは当然、眼を患った人たちばかりなので、ベッドに寝たり、大きな道具を使った診療がないからです。

設備の規模も小さく、歩き回ったり物を運ぶことも少なく、身体への負担もあまりありません。もちろん眼科医療の知識や作業を学ぶ必要がありますが、看護師資格をもっていればすぐになることが出来ます。

デイサービスセンター

デイサービスセンターは、自立度の高い高齢者のお世話をする施設で、介護士と看護師が常駐しています。

看護師の仕事は入居者の体調管理や、具合が悪くなったとき、ケガをしたときの看病です。入居者を移動させたりするのは介護士が行いますし、病院に比べて患者の人数も設備も大幅に少ないので、体への負担は少ないです。

介護士の資格を持っていればすぐになれますし、収入も悪くないのでおすすめです。

企業や学校の医務室

企業や学校には医務室があり、保健師と呼ばれるドクターがいます。そして、大きな企業、学校になると、保健師をサポートする看護師も常駐しています。

仕事の内容は、体調を崩したり、ケガをした従業員や生徒のケアや、定期的に行われる健康診断の助手です。あくまで保健師のサポートなので、看護師が行う作業はそれほど多くありません。病院ではないので本格的な治療を行うこともなく、大規模な設備を運ぶこともありません。

ただし、大ケガをした人の応急処置や、会社や学校によっては階段を上り下りする必要があったりすると、そういった面では腰に負担がかかってしまうかもしれません。

健診、検診センター

健診センターとは健康診断をおこなう施設で、検診センターは、「がん検診」など病気の早期発見に勤め、治療を行う検診をする施設です。

どちらも看護師が多く在籍し、健診、検診の準備や手伝いをおこないます。どちらも人や物を持ち上げたりすることはなく、仕事の内容も決まっているので、慣れれば身体にも精神的にも負担はほとんどありません。

ただ、それ故に単調な仕事の繰り返しになってしまうため、看護師の仕事にやりがいを求める人にとってはやや物足りないでしょう。

医療情報担当者(MR)

MRは、製薬会社や医療機器メーカーに属し、病院やクリニックに営業にいく職業です。看護師は医療機器や薬品のデータをまとめていた経験があるため、MRになれば重宝されます。

正社員と同じ扱いのため、給与もよく安定しています。MRになるには、普通の就職と同じく会社の面接を受けに行きます。

看護師として働いていた経験があれば、面接もかなり有利に進められるでしょう。

医療職の転職ならマイナビ看護師がおすすめ

腰痛が原因で他の医療職に転職をする場合は、求人サイトの利用がおすすめです。看護師専門サイトの「マイナビ看護師」で他の職場を選びましょう。

「マイナビ看護師」では、プロのアドバイザーが医療機関に直接足を運び、現場で働く看護師から職場の状況等を聞いています。できるだけ腰の負担を減らしたいという要望にも答えてくれるでしょう。

利用はすべて無料なので、まずは登録して自分に合った職場があるかを調べてみてください。
マイナビ看護師に登録する(無料)

腰痛持ちの看護師に向いている看護師以外の職業

看護師資格を活かせるのは決して、医療業だけではありません。

腰痛持ち看護師におすすめの、医療業界以外の職業も紹介します。

コールセンター

一見、看護師と何の関連もなさそうなコールセンタースタッフですが、医療や健康の相談窓口、子育て支援など、専門的な知識を要するコールセンターでは大変重宝されます。

また、そういったコールセンターは普通のコールセンターよりも給与が高くなっています。ただし、やはり電話をひたすらとりまくる仕事は単調すぎるため、長続きしないという人も多い仕事です。

ペットショップ

もし動物が好きなら、ペットショップの店員が向いているかもしれません。看護師として患者さんをケアしていた経験は、対象が動物になっても生かされるでしょう。

膨大なカルテをまとめたりしていたスキルは、たくさんの異なる種類の動物たちをまとめて管理するペットショップではかなり貴重です。ただし大きな動物、エサ、ケージなどを運ぶこともあるので、それに関しては職場で一度相談する必要があります。

健康メーカー企業

時間とお金に余裕があるなら、思いきって一般企業に就職し、白衣からスーツへと着替えるのも一つの選択肢です。やはり一般企業は収入が最も安定していると言え、またデスクワーク中心の仕事であれば身体への負担も減少するでしょう。

医療機器メーカー、薬品メーカー、健康器具などの開発であれは、看護師として学び働いた経験も生かすことができます。

異業種転職ならリクルートエージェントがおすすめ

医療業界以外の異業種に転職しようとしている方におすすめなのが、大手求人サイトのリクルートエージェントです。。

求人数も転職者数も圧倒的に業界1位の「リクルートエージェント」では、提出書類の添削や面接対策までサポートしてくれるため、初めての異業種転職も安心です。今すぐに転職を決めたいという方でなくでも、希望条件を登録しておくとオファーがくるため、まずは登録して様子を見ながら考えてみるのもいいでしょう。

リクルートエージェントに登録する(無料)

編集部オススメ!看護師のための転職サイト

人手不足の看護師業界。複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。