TOEICで500点を目指すときのポイント。解答スピードをあげてわかる部分を増やそう

記事の著者:shuta

500点はTOEICの最初の壁と言われています。TOEICの平均スコアは、580点と言われています。そのため500点と聞くと低く感じますが、英検でいうと2級相当。センター英語試験で9割ぐらい獲得してしても、TOEICでは500点は取れるか、取れないかくらいのレベルともいわれています。

TOEICで500点取れれば、一般的な日本人より高い英語力があるといえるでしょう。

英語初心者は、まず500点獲得に向けて勉強をはじめるのがいいでしょう。そこでTOEICで500点を目指すときのポイント・コツ・注意点を紹介していきます。

TOEICで500点を目指すときのポイント

TOEICのスコアを100点上げるためには、200~300時間の勉強が必要。500点を取るために必要な単語数も、約4,000単語といわれています。

ただし500点にいくには、一定の文法・単語を理解していればOK。専門的な用語理解などをする必要もないので、600点、700点を目指すよりは、難易度は低いでしょう。

TOEIC500点攻略のカギは、解答スピード

TOEICの特徴は、とにかく解答時間が短いこと。リスニングは会場で流される音声に従って進むため、そのスピードについていける能力が必要です。

TOEIC初心者は、途中で置き去りにされ、お手上げ状態になることも。

試験内容は、リスニング(約45分間・100問)、リーディング(75分間・100問)。計120分で200問が出題され、990点満点のマークシート方式テストになっています。

リーディングは問題数が多く、時間内に全問に解答するには、慣れが必要。解答スピードを身につけられなければ、TOEIC500点は目指せません。

模試形式の問題集を繰り返し解く

TOEICの解答スピードを身につけるためには、とにかく模試形式の問題集を繰り返し解くこと。

最初は半分しか問題を解けなくても、同じ問題を繰り返していくうちにコツを掴み、解ける問題数が増えていきます。

リスニングのテンポにもついていけるようになるはず。リーディングもパートごとに、どのくらい時間をかけたらいいか把握できるようになるでしょう。

模試形式の問題集がおすすめです。TOEIC本番まで時間がない人は、1冊で構いません。単語集よりも確実に効果が得られます。

TOEIC500点とるには、リスニングで300点を目指そう

TOEIC500点取得を狙うのなら、リスニングで6割正答の300点を目指しましょう。

リスニングのpart1(写真描写問題6問)・part2(応答問題25問)は文章が短く得点源としやすいです。全文聞き取れなくてもOK。最低でも問題文冒頭の5W1Hだけ聞き取ることを、目標にしましょう。

Part3は会話問題・Part4は説明文問題になります。全問正解を狙うのではなく、1問目だけでも正解できるよう、音声の序盤に意識を集中させましょう。

リーディングでは、200点を狙おう

リスニングで300点となると、リーディングでは4割正答の200点取得が必要です。

リーディングは、上述のとおりとにかくスピードが命。part5(短文穴埋め問題30問)・part6を1問につき、20秒で解けるまでスピードをあげておきましょう。

Part6(長文穴埋め問題16問)・Part7(長文読解問題54問)からは長文問題になります。長文に苦手意識を感じる人は多くいます。まずは、part5が全問正解できるよう、個々に時間をかけるようにしましょう。

もし中学レベルの基礎文法があやしいのであれば、まず基礎を復習してからTOEIC問題に取り組むことをおすすめします。

TOEIC500点とるためのテクニック

リスニングでは、音声が流れる前にざっと問題文に目を通しておいてください。次の問題がどんな内容なのか分かり、心の準備ができます。

リーディングのpart6・part7についても、問題文の先読みが有効です。長文を読む前に設問に目を通し、解答に必要な情報を長文から探すようにすると、解答しやすいでしょう。

難しい問題はすぐにあきらめて次へ

リスニング・リーディングともに、難しくてよく分からない問題に必ず出会うはず。

そんなとき、悩んで何度も問題を読み直すのは、時間の無駄。次の問題が簡単かもしれないので、わからない問題はどんどん飛ばしましょう。

勘も実力のうち

分からない問題であっても、必ず勘で解答しましょう。勘も大事な得点源です。

TOEICは記述ではなく、マークシートの選択形式なので、もしかしたら点数になるかもしれません。わからないところも必ず埋めるようにしましょう。

参考書は1冊だけを完璧に仕上げる

TOEIC990点を目指すなら、大量の参考書が必要になってきますが、500点であれば基礎知識を固めさえすれば達成できる点数。

参考書の数は1冊で充分て。力を入れて問題を解いていく参考書を1冊、副読本として数冊買っておけば十分でしょう。これと決めた1冊に掲載されている問題を、繰り返し解いていくが、達成への近道です。

まずは得意分野、不得意な部分を理解しましょう。500点を目指すなら、得意なところを伸ばしていくほうが、点数アップにつながります。

オンライン英会話サービスをうまく活用してみて

英語力を伸ばすには、常に言語に触れておくことが大切です。勉強を習慣化させるのにおすすめなのがオンライン英会話サービス。スマートフォンでスキマ時間に学習ができるオンライン英会話は、指導経験豊富な講師が、スコアアップのコツ・テクニックを動画で教えてくれます。

スタディサプリENGLISHは、月額980円(TOEIC® L&R TEST対策コースベーシックプランは月額2,980円)という安さが特徴のオンライン英会話サービス。格安ながら安心感があると人気です。

スタディサプリENGLISHは、日常会話の力を高めることに重きをおいています。中学・高校時代におこなってきた丸暗記の英語学習方法ではなく、英語の本質・理屈に立ち戻るアプローチ方法のため、納得感を持ちなながら、自然と英語が覚えられます。

分かりやすい5分解説動画が200本収録されているため、スキマ時間にTOEFL対策を進めていくことができます。もし学習効果が出なければ、返金してくれるサービスも実施されています。

スタディサプリENGLISHのサイトを見てみる

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。