TOEICで500点を目指すときのポイント・コツ・注意点など

記事の著者:shuta

500点はTOEICの最初の壁と言われています。

平均スコアが580点と言われているので500点と聞くと低く感じますが、英検で言うと2級相当となかなかのレベル。そう簡単には取得できません。

初心者からのステップアップとしてまず目標とすべき500点獲得に向け、ポイント・コツ・注意点を7つ紹介します。ぜひ参考にして、500点以上のスコアを目指してください。

TOEIC500点攻略のカギはの解答スピード

TOEICの特徴はとにかく解答時間が足りないことにつきます。リスニングは会場で流される音声に従って進むため、そのスピードについていけなくなり途中で置き去りにされお手上げ状態になることも。

リーディングも問題数が多く、時間内に全問に解答するにはかなりの慣れが必要です。すなわちTOEICで求められる解答スピードをつけることが、TOEIC500点獲得の最大の課題になります。

模試形式の問題集を繰り返し解く

ではTOEICに求められる解答スピードをつけるにはどうしたらいいかというと、とにかく模試形式の問題集を繰り返し解くしかありません。

最初は半分しか問題を解けなくても、同じ問題を繰り返し解くうちにコツを掴み、解ける問題数が増えていきます。

何度も繰り返したらリスニングのテンポにもついていけるようになり、リーディングもパートごとにどのくらい時間をかけたらいいか把握できるようになるでしょう。

模試形式の問題集は必須です。TOEIC本番まで時間がない人は、究極これ1冊で構いません。単語集よりも確実に効果が得られます。

TOEIC500点とるにはリスニングで300点

TOEIC500点取得を狙うのなら、リスニングで6割正答で300点を目指しましょう。

リスニングのpart1、part2は文章が短く得点源としやすいです。全文聞き取れなくてもOK。最低でも問題文冒頭の5W1Hだけ聞き取ることを最初は目標としてみてください。

リーディングは200点を狙う

リスニングで300点となると、リーディングでは4割正答の200点取得が必要です。

リーディングは、上述のとおりとにかくスピードが命。part5とpart6を1問につき20秒ほどで解けるまでスピードをみがきましょう。

もし中学レベルの基礎文法があやしいのであれば、まず基礎を復習してからTOEIC問題に取り組むことをおすすめします。

TOEIC500点とるためのテクニック

リスニングにおいては、次の問題の音声が流れる前にざっと問題文に目を通しておいてください。そうすることで、次の問題がどんな内容なのか分かり、心の準備ができます。

このためには、上記の内容を繰り返すようですが、前の問題を素早く解いて次の問題の準備のための時間を作る必要があります。

リーディングのpart6とpart7についても、問題文の先読みが有効です。長文を読む前に設問に目を通し、解答に必要な情報を長文から探すようにすると、解答しやすいでしょう。

難しい問題はすぐにあきらめて次へ

リスニングにおいてもリーディングにおいても、難しくてよく分からない問題に必ず出会うはず。

そんな時に、悩んで何度も問題を読み直すのは時間の無駄でしょう。それより次の問題の方が簡単かもしれないので、その問題に十分な時間を割けなくなる可能性があります。

悩むくらいなら、次の問題に進みましょう。

勘も実力のうち

分からない問題や解き残した問題は必ず勘で解答しましょう。勘も大事な得点源です。

TOEICは記述ではなく選択形式なので、わからないところも必ず埋めるようにして勘に頼りましょう。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。