看護助手になるには?国家資格を保持していなくても、医療従事者の一員として働ける

記事の著者:1103870

看護助手と国家資格のある看護師との大きな違いは、点滴や採血などの医療行為をおこなうことができるかどうかです。看護助手は、医療行為をおこなうことはできません。

しかし、看護師不足が深刻かしている現代には欠かせない存在である看護助手。国家資格が無くても、病院で働けることから、看護学生や主婦に大変人気の職業です。

看護助手として、医療現場の経験を積んでいくと、医療や介護に関する知識が着実に身に着きます。看護師や介護士へのステップアップも期待できるのが介護助手です。

そこで今回は、看護助手になる方法を紹介します。

看護助手のなり方とは

医師不足が騒がれていますが、同じように深刻な問題になっているのが看護師不足です。そのために看護師のサポートをする看護助手の仕事の需要が高まってきており、看護助手の求人の募集を多く目にするようになりました。

看護助手になるには、まず求人が出ていないか意識して見るようにしましょう。求人は、経験や資格が要らないものが多いです。未経験者でも看護助手として働くことができるので、学生や主婦など幅広い層に人気です。

看護助手は、病院や介護施設など医療現場で働かなければなりませんが、専門知識は必要ありません。看護師の指示の元仕事をします。

ただし、医療従事者の一員として働くことを意識して、看護師のサポートなどスムーズにおこなえるように、専門的な医療用語や医療器械の知識や技術などを身についていると即戦力になるので就職時には有利になります。

また知識が身についていることで、周りから信頼されます。自分自身にも自信が持てて、効率よく仕事をこなすことができるでしょう。

介護助手になる為の必要な資格

看護助手になるには国家資格や医療現場での経験は一切必要ありません。

看護師とは違い医療行為をすることはできませんが、看護師が何をしているのか意識しながら、看護師のサポートをしたり、毎日入院患者の身の回りのお世話をすることで、患者との触れ合いが多い仕事なのでとてもやりがいがあります。

看護助手には、メディケアエイダーや看護助手実務能力認定試験などの民間資格があります。メディケアエイダーは、日本医療教育財団が認定する看護助手の資格になります。

求人などでも経験や資格がなくて医療現場で働けるようですが、何の知識もないと戸惑ってしまいます。

看護助手の仕事の内容や看護師のサポートをどのようにするのか、このような資格を持っておくことで、即座に対応することができるでしょう。通信講座などもあり比較的取得しやすい資格です。

看護助手として活躍するために必要な能力

看護助手は患者の食事や身の回りのお世話だけでなく、排せつなどの介助もおこないます。

また、患者の体調を把握するのも大切な仕事の1つです。患者の側にいる頻度が高くなるので、何か異変があればすぐに対応できるようにしておくことが大切なのです。

そのため毎日向き合う患者のちょっとした変化などを見逃さないように鋭い観察力と注意力が必要になります。

また病院や介護施設での仕事が中心なので、他職種の人との関わりも多くなります。そのためにコミュニケーション能力が求められる場合があります。仕事は看護師の指示のもと動くことになるので、相手の話をよく聞く協調性や、指示されたことをきちんと確実に遂行できる責任感なども必要でしょう。