キャビンアテンダントになるには?ソムリエ・サービス検定を持っているのが望ましい

記事の著者:1528961

飛行機は世界中のどこへでも行くことのできる、なくてはならない交通手段です。空の旅には、乗客の安全と身の回りのお世話をするキャビンアテンダントが同乗しています。

キャビンアテンダントの華やかさと美しさに強い憧れを抱く女の子も少なくありません。

ではキャビンアテンダントはどのようになるものなのでしょうか?意外と知られていないキャビンアテンダントのなり方や必要な資格について紹介します。

難易度は高い?キャビンアテンダントになるためには?

キャビンアテンダントになるためには、採用試験を受ける必要があります。

基本的に応募資格、採用試験内容は航空会社によって様々です。大学卒の採用が割合的には多くなりますが、キャビンアテンダントになるための短期大学や専門学校からの採用もあります。

高卒者でも試験は受けられますが、大卒者と一緒に試験を受けるため、難易度は少々高めです。

学歴以外にも、TOEICのスコアがかなり重視されます。乗客には外国の方も多く含まれています。そのため、英語力は必須だと考えられる場合が多いのです。

他にも居住条件や年齢等、いくつかの応募資格があります。採用人数もその年によって異なります。人気のある職業のため、倍率はかなり高くなることが多いです。受験前に必ず応募条件を確認しましょう。

また最近では男性のキャビンアテンダントの採用も増えています。

ほかにも契約社員としての募集が多く、3年間は契約社員として勤務し、4年目から正社員へという雇用方法が多いようです。コスト削減のためにこの方法を取っている企業が多いのです。

4年後正社員になるかどうかは、本人の希望や適性、勤務実績をみて判断されます。

就職後もいきなりキャビンアテンダントになれる訳ではなく、本格的な訓練がおこなわれます。接客方法や安全管理などさまざまな厳しい指導を受けます。これらすべてをクリアできた人がキャビンアテンダントとして大空に華々しくデビューできるのです。

キャビンアテンダントのなるために必要な資格は?

キャビンアテンダントには資格がないといけないというような資格は、実はありません。

しかし、絶対必要な資格というものがない代わりに、持っていた方が有利になるという資格は多数存在します。

TOEIC

国内線であれば600点以上、国際線であれば600~800点持っているのが好ましいといわれています。

外国の人に対応するさいに英語は必要不可欠です。国内線と国際線で必要なレベルに少々差がありますが、英語は日常会話レベルは話せる必要があるでしょう。

また最近では、英語だけではなく、中国語や韓国語など、英語以外の語学も堪能であると、就活のとき有利だと言われています。

手話技能検定

耳の不自由な人に、情報の伝達が可能になります。そのため手話技能検定を取得しているキャビンアテンダントは多いです。

サービス接遇検定

サービスに対する心構えを学ぶ検定です。キャビンアテンダントの接客業はサービス業の頂点と表現されるほど高いものです。

お客さんとして搭乗しているときは、気づいていないかもしれないですが、細かいところまで気を配っているキャビンアテンダントのおもてなし精神はピカイチです。

キャビンアテンダントになる前の指導でも、サービスについては細かく指導されます。あらかじめ、サービス接遇検定である程度の知識があると有利でしょう。

ソムリエ

機内でお酒を提供することも多いので、ソムリエの資格が活きる場面は多々あります。

お客さんとの気持ちのいい会話もキャビンアテンダントには欠かせない能力です。機内でお酒を嗜む人は非常に多く、ソムリエの資格を持っているキャビンアテンダントは少なくありません。

活躍するために必要な能力

臨機応変な対応と、とっさの判断の素早さが求められます。さまざまな人の相手をするので、臨機応変な対応が常に求められます。

緊急時のさいは、キャビンアテンダントの一瞬の判断で、何百人もの命が助かることもあります。

そして、安全を守る役割の他にも乗客のサポートや接客も兼ねているため、常にお客様のために行動し、考えられる能力が必要になります。

空の旅を、快適なものだと感じてもらえるかはキャビンアテンダントの裁量が大きく影響するのです。