アレンジャーになるには?作曲家や演奏家などでキャリアを積むことが必要

記事の著者:1979690

アレンジャーとは、日本語では編曲家と呼ばれており、作曲家が作ったメロディーに前奏・伴奏・間奏を付け加える役割の職業を指します。

アレンジャーという仕事はたいへん創作性のある職業であり、一曲の良し悪しを決めてしまうほどの影響力を持っているため、自分の編曲1つで曲のクオリティをあげることができるという魅力を持っています。

今回はそんなアレンジャーになる方法や必要な資格、活躍するために必要な能力について紹介をしていきます。

アレンジャーのなり方

アレンジャーになるには音楽を制作することに関しての高いスキルやノウハウが必要です。

音楽に関する知識や技術を身につけるためには、音楽系大学の編曲・作曲が学べる学科に通う、音楽系の編曲・作曲が学べる専門学校に通うことが、有効でしょう。

アレンジャーとしておこなわなければならないのは、楽器の音源(オーディオデータと呼びます)を制作することが必要となります。

このオーディオデータを制作するスキルや知識を学ぶ必要があるのです。もし大学などに通うのであれば、音楽だけではなく、舞踏学や舞台、演劇などといった芸術関係の知識・経験なども蓄えておくことをおすすめします。

もちろん独学で学べないわけではないですが、学校に通うのが手取り早いでしょう。

ただし音楽系の大学や専門学校に通ったからといってすぐにアレンジャーになれることは少ないです。なぜなら編曲経験がないアレンジャーに編曲を任せられることは少ないからです。

そのため作曲家などで経験を積み、知名度や信頼性を高めたのちにアレンジャーとして活躍するというパターンがほとんどになっています。

現状としては、スタジオミュージシャンや楽器の演奏家、作曲家などというキャリアで音楽事務所や作家事務所に所属したうえで、徐々にアレンジャーとしてキャリアに転向していくとことが多いです。

ただしもし学校を卒業後、すぐにアレンジャーとして活躍したいということであれば、音楽事務所、作家事務所、もしくはゲーム音楽を編曲するなどの業務が担当できるゲーム開発会社に就職をする、もしくはフリーランスアレンジャーとして働くという選択肢があります。

音楽事務所や作家事務所、ゲーム開発会社などについては求人情報を確認して就職活動をおこなうことで就職をすることが可能です。

アレンジャーに必要な資格

アレンジャーを務める上で保持しなくてはならない資格はありません。

しかし保持しておくことで就職などが有利となるスキルはありますので、ご紹介していきます。

  • 楽器の演奏技術
  • 音楽編集ソフトを扱うスキル
  • サウンドエンジニアとしての知識

アレンジャーをするうえでは、ある意味「音楽のことならなんでもできる」といった状態になれることが望ましいです。

たとえばさまざまな楽器を弾くことができれば、実際にその楽器を使ってアレンジを考えることができます。また音楽編集ソフトを扱えるようになることで、アレンジの負担がかなり減るだけでなく、アレンジの幅を広げることができます。

アレンジャーで活躍するために必要な能力

アレンジャーとして活躍するために必要な能力は以下のものです。

  • 高い音楽的知識・スキル
  • 音楽に関するアイディアの豊富さ
  • 楽器の演奏スキル

前述の通り、高い音楽的知識やスキルが求められるということは当然のことです。

またアレンジャーとなると、アレンジする曲が多い場合には1週間で5曲以上という場合もあり、そうなるとほぼ1日でアレンジをしなければならないハイピッチの仕事になる場合もあります。

そのため音楽に関するアイディアをたくさん持っているというのは必要な能力です。

また楽器の演奏スキルがあれば、アレンジをするさいにギターやピアノなどで曲の雰囲気を確認できますし、音楽に関する理解が深まり、より優れたアレンジができるようになるでしょう。