イラストレーターになるには?デザインソフトを使いこなせるのが基本スキル

記事の著者:1979690

イラストレーターとは、広告やポスター、インターネットウェブサイトなどで使われるイラストを制作する仕事をしている人たちです。

イラストレーターという仕事は、自分の書いたイラストがたくさんの人の目に触れたり、自分の考えたものが表現できるという点で魅力のある職業です。

今回はそんなイラストレーターのなり方や必要な資格、活躍するために必要な能力について解説をしていきます。

イラストレーターのなり方

イラストレーターになるためには、基本的に以下のような選択肢があります。

  • 美術学科や美術専攻などのある大学に通う
  • 美術系についてのノウハウやスキルが学べる専門学校に通う

上記のような大学や専門学校に通うことで、イラストレーターを目指すときとても有利になります。

大学や専門学校ではイラストのデザインについてのスキルや理論、ノウハウなど基礎的な知識・技術を学習します。そして在学中に何度も繰り返してイラスト制作をすることでイラストレーターになるためのスキルを伸ばすことができます。

もちろん独学で、イラストレーターを目指すのは不可能ではありませんが、専門的な知識を大学教授から学ぶほうが、イラストレーターになるには手っとり早いでしょう。

しかし、大学・専門学校を出ただけではイラストレーターとして活動することはできません。在学中に自分がイラストを作りたいジャンルの企業に就職をする必要があります。

主なイラストレーターの就職先は以下のような職場です。

  • デザイナーを兼ねるデザイン事務所
  • ゲームデザインを行うゲーム制作会社やその下請け企業
  • 広告を作る広告制作会社
  • 広告代理店

いずれも企業数が多いので就職倍率自体は、人気な企業・事務所でない限り高くありませんが、いずれにしても就職前にイラストレーターとして活動できるだけのスキルやノウハウを身につける必要があるでしょう。

イラストレーターに必要な資格

イラストレーターになるために必要な資格はありません。

しかしイラストレーターとして活躍するためには、PhotoshopやIllustratorなどを扱えるスキルは基本的なものになるでしょう。

そして、PhotoshopやIllustratorのどちらにも、クリエイター認定試験というものが存在します。これの試験は各ソフトを使いこなせることを示すものです。この認定資格を取得することができれば、イラストレーターとして就職活動が有利になります。

イラストレーターで活躍するために必要な能力

イラストレーターとして活躍するために必要な能力は以下のものです。

  • デザインソフトを扱うスキル
  • 画力(デッサン力)
  • 忍耐力

イラストレーターとなる上では、上記にも述べたようにPhotoshopやIllustlatorなどのデザインソフトを扱うことのできるスキルが重宝します。またイラスト制作がメインの仕事のため、当然画力も必要となります。

そしてイラストレーターの仕事は薄給激務と言われています。そのため駆け出しの頃はかなり経済的に苦労するかもしれません。

本当にイラストレーターになりたいのであれば、そのような待遇でも耐えられる忍耐力は持っておくべきでしょう。