経営コンサルタントになるには?自分の専門性から企業分野を見定めるべき

記事の著者:1036789

企業経営の専門家である経営コンサルタント。企業経営に関してアドバイスや問題解決をおこなうその仕事は、かなり専門性の高いものです。

クライアントも大手企業から中小企業まで幅広く、そのニーズや活躍の場もさまざま。経営コンサルタントになるには、経済だけではなく雇用や法律などにも精通しておく必要があります。

企業にとっての頼れるパートナー、経営コンサルタントになるにはどうしたらよいのか、そのプロセスや資格、能力について紹介します。

 

経営コンサルタントのなり方

経営コンサルタントになるには、決められたルートはありません。必要とされる学歴や資格もありません。ただし、企業の問題解決を仕事とするには、経営に関する幅広い知識とスキル、経験を習得することは必須です。

そのため、四年制大学の経済学部、商学部、法学部などを卒業し、企業向けのコンサルティングをおこなっている企業や法人へ就職するルートが一般的と言われています。

コンサルティングをおこなっている企業にはいくつかの種類があります。会計事務所や税理士事務所など会計面から企業をサポートする企業や、コンサルティング・ファームといわれる企業の問題解決を業とする企業などがあげられます。

また、銀行や証券会社、保険会社も経済面などからコンサルティングを行っている企業のひとつと言えます。

ほかにも経営コンサルティングの会社を自ら設立するケースもあります。こちらの方が、経営コンサルタントのイメージとして一般的かもしれません。

ただし独立するためには、広い人脈や経験が必要であること、そして相応のリスクが伴うことから、いきなり独立開業するのではなく、まずは一般企業や法人で経験を積むことが必須であるといえます。

経営コンサルタントになるには、いくつものルートが存在します。漠然と「経営コンサルタントになりたい」と考えるのではなく、自分自身の専門性やどの分野から企業を支えるのかを明確にしたうえで大学・学部、就職先を選択することで、目標に向かってより具体的に行動できるでしょう。

 

必要な資格

経営コンサルタントになるには、必ずしも資格は必要ありません。しかし、資格取得も経営コンサルタントになるためのプロセスのひとつです。資格を有していることは、その高い能力の証明にもなるため、非常に有利に働きます。

経営コンサルタントに関連する資格の代表格として、「中小企業診断士」「MBA(経営学修士号)」があげられます。この他、 公認会計士、税理士、社会保険労務士、経営士などがありますが、いずれも難易度の高い資格です。

自分自身の専門性に応じた資格を取得することで、経営コンサルタントとして活躍するための大きな強みになります。

 

活躍するために必要な能力

経営コンサルタントになるには、いくつかの必要な能力があります。なかでもとくに必要な能力として、「観察力」と「問題解決力」があげられます。

コンサルティングするためには、クライアント自身も気付かない課題を発見し、業務改善のための的確な戦略を立て、提案していかなければならないためです。高度な知識とスキルだけではなく、それを駆使する能力が必要なのです。

また、それだけではなく、コミュニケーション能力のような「ヒューマンスキル」も欠かせません。クライアントを理解し相手の立場に立って考えることで、クライアントとの信頼関係の構築はもちろん、より質の高いコンサルティングに結びつくことでしょう。