アートディレクターになるには?総合的な責任能力が必要な職業

記事の著者:289110

デザイン事務所や広告制作会社など働いている人は、自らデザインをしたいと、アートディレクターを目指す人が多いです。

電車の中で見かける広告や、映画館に置いてあるパンフレットなどはアートディレクターが作ったものになります。

さまざまな情報が溢れている今だからこそ、より人に見て見らえるようなパンフレット・チラシを作ることは難しいですが、その分やりがいのある仕事でもあります。

そこでそんな憧れのアートディレクターになるには、どうしたらいいのでしょうか?仕事の内容や必要な資格や能力を紹介します。

そもそもアートディレクターって何?

一般的にアートディレクターとは、美術や芸術の表現を使ってポスターやパンフレットなどのグラフィックデザインを担当する仕事です。

製作過程でスタッフに的確な指示を出しながら、グラフィックなどのデザインを仕上げていく仕事の責任者であり、仕事によっては美術展などの企画や運営、搬入から撤収までの仕事などで全体を統括することもあります。

アートディレクターはクライアントやプロデューサーなどと打合せを重ね企画を編集し納期やコストなどの管理をおこないながら具体化していきます、そのためには企画にあったカメラマンやデザイナーなどスタッフの人選を行い、現場での立会や指示を出し完成させて行くことが必要になります。

アートディレクターとデザイナーの違い

アートディレクターは文字や映像、新聞やポスターなどビジュアルデザインのコンセプトを決定し、その方向性を関係スタッフに指示し、プロジェクトを完成させることやスタッフの取り纏めも含めた責任者です。

またデザイナーはアートディレクターがまとめた方向性をもとに、内容によっては複数のデザイナーが共同でデザインの制作をおこなう実働スタッフです。

そのためアートディレクターにはグラフィックデザインの知識はもちろん、チームを運営する力も求められます。

アートディレクターへのなり方

アートディレクターは希望すればすぐなれるものではなく、デザインに関する豊富な経験や、高度な知識が必要になるため、ある程度グラフィックデザインを作成する現場で経験を積むことが必要になります。

またアートディレクターになるには、高校や専門学校また短大や大学で美術系学科やグラフィックデザインの勉強をしているほうが有利です。もちろん独学で勉強することは不可能ではありません。

知識を身につけたあとは、デザイン事務所や広告制作会社に勤めるのがいいでしょう。

デザイン事務所ではデザインの経験、広告制作会社でグラフィックデザイナーの経験、また映像系では美術担当経験などを積むことができます。実践で自分の力をあげたあと、ようやくデザイナーから、アートディレクターにステップアップすることができるのです。

デザイナー経験が豊富な人は、アートディレクターに直接転職することも可能でしょう。

アートディレクターに必要な資格

アートディレクターには、とくに決められた検定や認定資格はありません。

アートディレクターになるには、タスクのコンセプトを理解し、クライアントの指示を受けながら、その内容を上手にまとめ上げる能力と、スタッフの仕事内容を理解し全体像を把握できる経験の積み重ねが必要です。

またアートディレクターは責任者のため、コミュニケーション能力認定やマネジメント検定の資格を持っておくといいかもしれません。ほかにも、最近ではWeb広告の需要も高まっているため、webディレクション検定講座などを受けておくのもいいでしょう。

アートディレクターとして活躍するために必要な能力

アートディレクターになるには制作の完成だけではなく、仕事をまとめ上げる能力が必要です。

アートディレクターはオーケストラでいえば指揮者です。全体をどのようにまとめエンディングまで指揮し、アンコールをもらえるようにできるかが、次の仕事をもらえるかにかかっています。

そのためには、豊かな感性と表現能力、デザイン能力、コミュニケーションス能力、リーダーシップ能力のみならず、クライアントとの調整力や決断力、資金などの管理能力など含めた総合的な責任能力が必要なのです。