美容師になるには?美容学校に進学し、美容師免許の取得を目指そう

記事の著者:1528961

美容師は、カットやパーマー、カラーによって髪型を美しくする職業です。働いている方もおしゃれな人が多く、憧れの職業でもあります。

野沢道生さんや高木琢也さんなどのカリスマ美容師は、テレビやメディアの露出も多く、芸能人のような存在になっています。

そこで今回は美容師になる方法を紹介します。

美容師になるためには?

美容師になるためには、美容師免許が必要です。この美容師免許は国家試験になります。

難易度は少々高めで、受験をするためには厚生労働省が指定する美容学校に進学し、修了する必要があります。

昼間部2年、夜間部2年もしくは通信科3年間、美容師になるため勉強をしなければなりません。

美容師免許を取得したあとの働き方

免許取得後、ようやく就職先を探し始めます。美容師の仕事は大きく分けて、サロン・結婚式場・ヘアメイクアーティストの3つに分かれます。

サロンへの就職が、割合的にはサロンに就職する方が圧倒的に多いです。サロンの場合、技術が身に付くまでは見習いのような形で修行をします。

結婚式場で働く場合、サロンを経験した後に、就職先として選ぶ人が多いです。実践力が問われる職場です。

ヘアメイクアーティストとして活躍する場合も、大体はサロンで経験を積んでいます。

しかし、アーティストに知り合いがいた場合や紹介してもらえた場合は、見習いとしてスタートする場合もあります。

どんな職場に就職しても、美容師の大半が、最初の数年間の下積みを経験します。免許を取るための勉強では培えないような接客スキルや技術は、就職後に実際の店舗で少しずつ覚えていきます。

この長い下積みを終えて、やっと一人前の美容師になれるのです。

美容師になるために必要な資格は?

国家資格である美容師免許が必要になります。資格取得に年齢制限はありませんが、受験するためには美容学校を卒業していなければいけません。

この美容学校の入学条件は、高校卒業以上としている学校が多いのが現状です。

試験の内容は、筆記試験と実技試験の2つです。筆記と実技の両方に合格した場合のみ免許が取得できます。

合格率は5割程度だといわれてます。他の国家試験だと1割を切る試験もあるため、超難関試験ではありませんが、ある程度準備をする必要があります。

保持していると有利な資格は?

他にも下記のような資格取得は重宝されることが多いため、余裕がある人は取得に向けて勉強をしてもいいかもしれません。

・着付け技師
着付け技師の資格は国家資格になります。

この資格を持っていると、着物の着付けが出来るようになるので、お店で重宝されます。

・ヘアケアマイスター認定試験 

ヘアケアの知識を深めるための資格になので、人気です。

・色彩技能パーソナルカラー検定

人と色に関する資格です。この資格を持っていると優遇されることもあります。

・ネイリスト検定

ヘアカットと一緒にネイルが出来る美容室が増えています。

それに伴い、すでに働いているスタッフに、ネイルの勉強をしてもらっている店舗もあるようです。

活躍するために必要な能力

美容師は、お客さんをきれいにする特別な仕事です。手先の器用さはもちろんですが、その時々の流行も知っておく必要があります。

髪型にも流行があるので、日々アンテナを張っておく努力が必要です。

また下積み期間が長いことが多いのも特徴の1つです。その下積み時代に、どれだけのことを吸収できたかが、その後の美容師人生に大きく影響します。

お客さんをきれいにしたいという気持ちと、流行に敏感なアンテナ、そして長い下積みでも頑張れる忍耐力が必要です。