公務員になるには?地方公務員と国家公務員で試験内容が異なる

記事の著者:1528961

公務員は国や、県、市を支える大事な仕事です。

地方公務員は主に、市役所等の職員として。国家公務員は、省庁や国会議事堂に勤め、国のために仕事をしています。

公務員は一般職とは違い、公的な機関で働くためリストラの心配がなく、安定して働き続けることができます。また給与面でもボーナスが2回と定められており、年収も少し高いことから、とても人気の職業になっています。

そこで今回は、公務員になる方法を紹介します。

公務員になるためには?

公務員には、大きく地方公務員と国家公務員の2種類があり、

地方公務員になるためには?

地方公務員になるには、地方公務員試験を受ける必要があります。

地方公務員試験は地方自治体が独自に行っているため、試験内容や採用基準は異なります。試験は、行政・土木・建築・機械・電気などの区分に分かれて実施され、将来担当になりたい分野で試験を受けることになります。

国家公務員になるためには?

国家公務員になるには、地方公務員と同じように試験を受ける必要があります。

試験には、総合職・一般職・専門職の3種類あります。総合職は大卒以上という規約がありますが、一般職と専門職は高卒の試験枠もあります。

地方公務員と比較すると、国全体の仕事をするぶん、試験内容も難しく、合格倍率も高くなっています。

しかし、地方公務員も国家公務員も採用までの流れは全く同じです。

基本的には、試験→面接→内定→採用という流れになっています。

TOEFLやTOEICなど指定の英語試験のスコアを採用決定のさいに、一定点数加点するという制度もあります。経験者が中途から受けられる、経験者採用試験という試験もあるので、様々な人が受験可能です。

細かい規定は分野ごとにあるので、しっかり確認してから受験しましょう。

公務員になるために必要な資格は?

必要な資格はとくにありません。説明した通り、公務員試験に受かることが条件になります。

試験受験のさいに、学校の成績等を見られることもありません。あくまでも筆記試験の結果と、面接での人柄を見て採用の判断をします。

そこで取っておいた方が良い資格と、勉強しておくと有利になる資格を紹介します。

MOS

マイクロオフィス(Excel・PowerPoint・Word)を不自由なく使いこなせるかを問われる試験になります。

Excel・PowerPoint・Wordの3ツールごとに別々の試験が実施されています。

公務員はオフィスワークも多くこなさなくてはなりません。そのため、最低限のパソコンの操作は必須になります。

TOEIC・TOEFL

試験で加点されるように、英語力はかなり重要されます。そのため、英語が使いこなせるというのは大きな強みになります。

最近では英語のみならず、他言語を使えることも採用のさい、プラスで評価されることがあります。

活躍するために必要な能力

公務員に向いている人は、国のために、市民のためにと考えられる真面目な人です。

地方公務員の多くは、市役所などの窓口で市民の問い合わせ等の対応をします。市民との触れ合いを大切にし、親切な案内をする必要があります。

国家公務員はさらに、スケールが大きな仕事がしたい人におすすめで、もっと国を良くしたいという強い気持ちが重要になります。