ウェディングプランナーになるには?未経験でも募集をしているサロンも多数ある

記事の著者:1979690

ウェディングプランナーとは、結婚式をあげるカップルに対して結婚式の演出や細かい手配などをする人たちのことです。

人生で最も幸せな瞬間を送るであろう新郎新婦の結婚式に計画段階から付き添い、幸せな結婚式の挙式をサポートするという非常に魅力のある職業です。

今回はそんなウェディングプランナーのなり方や必要な資格、活躍するために必要な能力について紹介していきます。

ウェディングプランナーのなり方

ウェディングプランナーになるためには、以下のような選択肢があげられます。

  • ウェディングに関する基本的な知識などを学ぶことのできる専攻や学科のある大学に通う
  • ウェディング業界で働くための知識やスキルを磨くカリキュラムのある専門学校に通う
  • ウェディングプランナーとしてのスキルやノウハウを短期的に学習する専門スクールに通う

ウェディングプランナーになるうえで特定の資格を必要とすることはありません。

ただしウェディングプランナーについてのスキルを独学で学ぶことは難しいです。そのため実戦で知識を身につけていくしかありません。

最近では未経験者をウェディングプランナーとして、採用をしているブライダルサロンも目立つようになってきました。経験者よりも給与は下回りますが、プランナーとして実戦的に働けるのは、今後のキャリアプランにとってもすごく大きな意味を持つでしょう。

ウェディングプランナーとしての主な就職先は、主にウェディングコーディネートをおこなう企業や結婚式の挙式などができるホテルなどがあります。

これらの就職先では定期的に他の企業と同じように求人募集を出しているため、エントリーシートや履歴書を送付し、就職活動をおこなう必要があります。

またウェディングプランナーに急になることが難しい場合には、ホテル業界などで接客スタッフとして働きながら実績を積み、ホテル企業の中でのウェディング部署などに異動希望を出すという手段もあります。

ウェディングプランナーに必要な資格

ウェディングプランナーになる上で必須の資格というものはありません。しかし、ウェディングプランナー として就職活動を行う際や、ウェディングプランナー として活動をする際に持っておくことが望ましい資格はあります。

それが「ブライダルプランナー検定」の認定資格です。

この資格には「ブライダルプランナー検定1級」と「ブライダルプランナー検定2級」が存在します。毎年、どちらの級も7割以上の合格率があるため比較的簡単な検定資格です。

ウェディングをコーディネートするうえでの知識であったり、理解力などが問われる試験になります。

ウェディングプランナーで活躍するために必要な能力

ウェディングプランナーとして活躍するために必要な能力は以下のものです。

  • ホスピタリティ
  • カウンセリングスキル
  • 流行への感度

ウェディングプランナーは「挙式をするカップルたちを喜ばせたい」という気持ちが何よりも大切です。

またカップルがどのような結婚式を望んでいるのかという抽象的なイメージを具体的に結婚式という形にしていくためには、しっかりとしたカウンセリングスキルで、ヒアリングをおこなう力が必要です。

そして結婚式の流行の移り変わりは本当に早いので、流行を把握することもウェディングプランナーとしては必須の能力です。