エステティシャンになるには?未経験者の募集が増えている職種

記事の著者:1979690

エステティシャンとは、ボディケアや脱毛などの施術を通してお客さんの体悩みを解決し、さらに美しくするように施術をおこなう人たちのことです。

エステティシャンという仕事は、自らの体にコンプレックスを持っている人の悩みを解決したり、「もっと美しくなりたい」と考えていく人の願いを叶えることのできる魅力的な職業です。

最近ではエステの店舗も増えてきました。そのため求人も増えている人気の職業になっています。

今回はそんなエステティシャンのなり方や必要な資格、活躍するために必要な能力について解説をしていきます。

エステティシャンのなり方

エステティシャンになるためには、まずエステティシャンとしての専門性や知識、スキルなどを学ぶためにエステティック養成学校やエステティシャンの専門スクールに通う必要があります。

もちろんエステティシャンとしてそれらの養成学校や専門スクールに通うことなく就職をすることもできますが、就職後の給与や待遇などの面で影響を及ぼす可能性もあります。

またエステティシャンの仕事はお客さんの体に触れる仕事でもあるので、スクール等に通い専門的なスキルや知識を学ぶ方が望ましいです。

ただしスクールに通わない場合は、就職先のエステサロンで、企業内研修や教育制度を受けられる場合があります。最近では未経験者の募集が非常に増えています。

エステティシャンとしての主な就職先はエステティックサロンやメンズエステティックサロン、ブライダルエステサロンなどがあります。

エステサロンも、脱毛サロン・痩身サロン・まつげサロンなど、さまざまな種類のお店あるため、自分にあったところを選びましょう。

エステティシャンに必要な資格

エステティシャンになる上で必須の資格というものはありません。ただしエステティシャンとして活躍するためには、その技術を証明する資格を持っておくほうが将来的には安泰です。

主流な資格は「日本エステティック業協会認定エステティシャン」です。

この試験を受けるにはエステティシャンとして1年以上働き、日本エステティック業協会が認定しているカリキュラムを扱っている学校で300時間程度の講座を受ける必要があります。

この要件を満たした人だけが、日本エステティック業協会の試験を受けることができます。こちらの試験は実務試験と筆記試験に分かれています。

ただし資格試験に関しては、認定されたカリキュラムを扱った学校で勉強をしている人のほとんどが合格しており、全体的な合格率としては80%となっています。

エステティシャンで活躍するために必要な能力

エステティシャンとして活躍するために必要な能力は以下のものです。

  • 美容意識
  • 体力
  • ホスピタリティ

エステティシャンとなる上で自分自身への美容意識は非常に大切です。ある意味、自分自身がエステによってどれだけ美しくなれるのかという探究心を持たなければ、お客さんに対してエステをおこなうことはできません。

また腕一本の仕事ですので体力は大切ですし、ただ技術があればお客様が来るというわけではなく、心からリラックスしてもらうためのホスピタリティも必要です。

相手のことを本気で美しくしたいという熱意や体力、美容意識があればエステティシャンとして活躍することはできるでしょう。