キュレーターになるには?専門職で離職する人が少ないため激戦の職業

記事の著者:1961534

アートを世に広めたい、作家さんのサポートをしたい、展示会をプロデュースしたい、芸術は好きだから裏方で働きたい、このように考えている人は少なくないでしょう。

テーマに沿って作品を集めて、展覧会を作りあげていく仕事、それがキュレーターという職業です。

日本の各地では「神戸ビエンナーレ」や「瀬戸内国際芸術祭」などの国際展がおこなわれ、キュレーションやキュレーターという言葉の注目度が高まっています。

キュレーターという職業にどうやったらなれるのか詳しく紹介していきます。

キュレーターのなり方

キュレーターとは?学芸員との違い

キュレーターと学芸員はどう違うのでしょうか。キュレーターは学芸員の中でも、展覧会やイベントの企画をする権限を持つ人のことを指します。ただ単に企画をするだけでなく、作品の輸送や梱包の指示・解説カタログの監修・海外等の美術館やコレクターとの出品交渉が必要です。

美術館や博物館に所属している学芸員のうち展覧会の企画をおこなう人をキュレーターと呼ぶこともありますし、フリーランスのキュレーターとして生活している人も少ないながら存在します。

キュレーターはそもそも狭き門の芸術分野の仕事の中でも、とくに人気が高い職業で、資格を取ったからなれるというような職業ではなく、相当な実力と人脈、運も必要な職業なのです。

学芸員になるには

キュレーターになるには、まず学芸員の資格が求められます。学芸員の資格が取得できても学芸員として就職できるかどうかは別の問題です。学芸員の資格取得者の数に対して、採用人数は非常に少ないため、学芸員の資格を取得していても就職することは容易ではありません。

そもそも絶対的に求人の数が少ないうえに、専門職のため離職する人も少なく、さらに激戦の職業となっています。

キュレーターになるには

学芸員になるだけでも大変ですが、展覧会の企画をするキュレーターになるには、さらなる実績が必要です。自分の専門となる領域を持つ必要もありますし、所属している博物館や美術館での仕事の積み重ねで信頼を得ることも必要です。

必要な資格

キュレーターになるために必要な資格は「学芸員資格」です。まれにフリーランスで活動する場合など必須でないこともありますが、たいていの場合は学芸員資格を得て、学芸員として実績を積む必要があります。

学芸員の資格取得方法

学芸員資格を取得するには大学で学芸員資格に関する単位を取得するか、もしくは文部科学省が実施する認定試験に合格する必要があります。

大学で資格を取るには、文部科学省令の定める「博物館に関する科目」の単位を修得して、大学を卒業して学士の学位を取得する必要があります。

博物館に関する科目とは、生涯学習概論・博物館概論・博物館経営論・博物館資料論・博物館資料保存論・博物館展示論・博物館教育論・博物館情報・メディア論(以上いずれも2単位)、博物館実習(3単位)になります。

大学で取得しない場合は認定試験がありますが、認定試験の合格率はあまり高くありません。そもそも認定試験の受験者数は少ないので、学芸員資格は大学で取得している人のほうが圧倒的に多いです。

活躍するために必要な能力

大学生がキュレーターを目指すのは、一般企業の就職活動で企画職を目指す学生と似ています。

「商品を企画するのはとても楽しそう」と思う学生はとても多いのですが、大卒でいきなり企画職になることは非常に稀で、まずは現場で営業や開発を経験してから、企画職へ配属となる場合が多いです。

なぜなら、商品のことや顧客のニーズをよく把握してからでないと、「企画」をすることが出来ないからです。キュレーターの仕事も近しいものがあります。大卒で経験もなしに「キュレーター」を名乗ると違和感があります。

キュレーターとして活躍するには、自分の専門領域、人脈、幅広い見識、というような実力も当然必要ですし、仕事をこなし専門を磨きながら常にチャンスを伺う諦めない力も必要です。