エンジニアになるには?未経験者の採用をおこなっている企業も多数

記事の著者:1979690

エンジニアとは、日本語で言えば技術者という意味であり、工学的な知識やスキルを持ち、製品を生み出す役割の人たちのことです。

エンジニアという仕事は、それぞれの産業ごとに多岐にわたる職業ですが、どの分野のエンジニアもプロダクトを生産することや調整することなどに携わることのできる有意義な職業です。

今回はそんなエンジニアのなり方や必要な資格、活躍するために必要な能力について紹介していきます。

エンジニアのなり方

エンジニアになるためには、エンジニアとして活躍した分野について学ぶことのできる大学、もしくはデザイン専門学校、養成スクールなどに通う必要があるでしょう。

在学中に、エンジニアとして即戦力になれるように知識や技術、ノウハウなどについて学んでいきます。

もちろん独学でそれらの知識やスキルについて学び、将来的に就職をしてエンジニアとして活躍すること可能なのです。

しかし基本的にエンジニアとして採用されるには、自身の作品や技術を証明する資格などが考慮されるので、スクールで知識をしっかりと学んだうえで制作ができることが大切です。

そのため大学などの専門知識が身につけられる機関で、資格取得のための学習がしたほうがいいでしょう。

またエンジニアとして働くためには、システムエンジニアであればIT企業やベンチャー企業などでキャリアをスタートする必要があります。

各分野で求人状況は異なりますが、どの時代でもエンジニアのニーズは高く、エンジニア不足の業界が多いので、求人募集情報をしっかりと探すことで就職できないということはないはずです。

そのようなエンジニア不足の状況が影響して、エンジニアとして経験がない場合でも入社後に研修期間を設けている企業もあります。未経験の方はそのような研修制度のある企業を探すこともおすすめします。

エンジニアに必要な資格

エンジニアになるうえで国家資格が必要な分野・業界も存在します。

  • 基本情報技術者試験・応用情報技術者試験(システムエンジニア)
  • 音響技術者能力検定(サウンドエンジニア)
  • 下水道管理技術認定試験(下水道管理エンジニア)
  • 自動車整備認定試験(自動車エンジニア)

各分野でその難易度は違いますが、どの資格もエンジニアとして働くうえでは必須である資格となります。

また国家資格以外にも各分野のエンジニアごとに民間資格などがあり、たとえばシステムエンジニアであればプログラミングに関する認定資格などを取得しておくことで就職を有利に進めることができます。

エンジニアで活躍するために必要な能力

エンジニアとして活躍するために必要な能力は以下のものです。

  • 責任感
  • 忍耐力

エンジニアは各分野のインフラを整える職業です。そのため社会を下支えするための堅強なシステムを作ること、中途半端なことをしないということに関する責任感を持たなければなりません。

またエンジニアの仕事は長時間に及ぶことが多いため、そのような生活でも耐えられるような忍耐力が必要です。