お笑い芸人になるには?まずは養成所で勉強をするのが主流

記事の著者:1979690

お笑い芸人とは、ほかにも漫才師や漫談師、ピン芸人、コント師など呼ばれており、舞台やテレビに出演をして見ている人たちを笑わせることを仕事にしている人たちのことです。

お笑い芸人という仕事は、人々を笑わせることで雰囲気を明るくしたり、人を元気づけたりすることのできる大変魅力ある職業です。

最近では有名になると、人気番組のMCを担当したり、自分の名前が付いた番組が放送されたりすることもあります。

今回はそんなお笑い芸人のなり方や必要な資格、活躍するために必要な能力について紹介をしていきます。

お笑い芸人のなり方

お笑い芸人になるためには、以下のような選択肢があります。

  • お笑い芸人の養成所に入所する
  • お笑い芸人の事務所に勤務する
  • お笑い芸人オーディションに出場する
  • 先輩芸人に弟子入りをする

さまざまな選択肢がありますが、主流なのは「お笑い芸人の養成所に入所する」というスタートを切ることでしょう。

このお笑い芸人の養成所に入るには、願書を提出しオーディションを受けるという方法があります。養成所では、お笑いについての基本的な知識などを学習したり、相方を作ったりしながら過ごすことになります。

養成所の多くは、お笑い芸人が所属する芸能事務所が運営しています。たとえばお笑い芸人の養成所である「NSC」は、「吉本興業」が運営をしています。

そのため養成所から運営している事務所に、そのまま所属するのがお笑い芸人になるための主流です。

ただしこの事務所に入るためにも、オーディションに受からなければなりません。

もちろん採用基準は、ネタの面白さです。各お笑い芸人事務所ごとに採用基準・応募資格などが異なっていきますので自分の興味のあるお笑い芸人事務所の求人やオーディション基準に関しては必ず確認をしましょう。

また、お笑い芸人の事務所に所属をしなくても上記で紹介した通り、素人からのオーディション応募なども1つの選択肢としてあります。テレビ番組などが募集している素人・お笑い芸人募集などの情報も見ながら、デビューの機会を探っていきましょう。

お笑い芸人に必要な資格

お笑い芸人になるうえで、資格はとくに必要がありません。

しかしお笑い芸人というのは個性がなければいけないため、近年では「◯◯芸人」というように、自分の芸風を何かしらの分野と掛け合わせて売り込むスタイルが主流です。

お笑い芸人たるものアイデンティティーをしっかりと保持しなければいけませんので、資格やスキルなど、何かしら人とは違う専門性を持っている方が有利に働きます。

たとえば「おかずクラブ」のオカリナは看護師免許を持っていたり、「安田大サーカス」のクロちゃんは社会福祉主事やアロマコーディネーターの資格を持っています。

そしてそのような資格を活かしてテレビ出演やイベント出演を果たすということができます。

お笑い芸人で活躍するために必要な能力

お笑い芸人として活躍するために必要な能力は以下のものです。

  • 空気を読む力
  • お笑いへの熱意
  • 上昇志向

お笑い芸人の必要な能力として、ほかの芸人たちとのコンビネーションを生むための空気を読む力が非常に大切になっていきます。

番組でもアドリブでリアクションをしなければいけないときもあり、空気を読んで、お笑いに変えられるかどうかは非常に大切です。

またお笑いに対する熱意や芸人としての上昇志向も大切といえます。お笑い芸人としての駆け出しの頃は経済的な苦労をする場合も多いため、それでも売れたいという気持ちを持ち続けることが必要なのです。