映画スタッフになるには?スケジュール管理や宣伝手法などの能力も必要

記事の著者:1979690

映画スタッフとは、映画製作に関する専門性を駆使して、監督の指示のもとに映画製作をする人たちのことです。

映画スタッフという仕事は、日本中もしくは世界中で上映されるような映画製作に携わることができるという、とくに映画好きには魅力溢れる職業です。

今回はそんな映画スタッフのなり方や必要な資格、活躍するために必要な能力について紹介していきます。

映画スタッフのなり方

映画スタッフになるためには、高校卒業後に舞台や演劇、映像技術や舞踏学などに関する舞台知識・映像知識について学ぶことのできる大学・専門学校・養成スクールに通っていると有利です。

在学中には、もちろん映像技術は演出関連の基礎知識やスキルなどについて学習をしていきます。

また映像スタッフとして働くためには、大学や専門学校を卒業したのちに、映像制作会社であったり、映画制作会社などの映画作りに携わることのできる会社に就職をしなければなりません。

映像制作会社も映画制作会社も他の企業と同じく、求人募集を行なっていますので待遇や勤務環境などを参考に就職活動をしていきましょう。

大学で専門的な勉強をしているほうが、就活のとき有利になることが多いですが、最近では未経験者を募集していることも少なくありません。

ほかにも在学中に映像制作会社や映画制作会社と関わる手段として、インターンシップなどをすることもできます。インターンシップで会社との関係を構築したり、社風を見るなかで将来的に働きたい制作会社を探しておくといいでしょう。

また映像制作会社も映画制作会社に就職したあとには、映画・映像製作アシスタントとして映画・映像制作の助手を務めることとなります。アシスタント業務で実績を積んでいくことで、映画・映像の制作担当として活動をすることができるようになります。

映画スタッフに必要な資格

映画スタッフとなる上で必須の資格というものはありませんが、持っておくことで映画スタッフとしても就職活動のうえで有利に働く資格はあります。

それが「映像音響処理技術者資格」です。

これは撮影された映像に対して特殊効果を付け加える作業やBGMやナレーションなどを付け加える編集技術の資格となります。

将来的に映像製作に専門的に携わりたいのであればこのような資格を持っていることで、可能性を広げることが可能となります。

この資格を学習するためには、「映像音響処理技術者資格認定試験問題集」を準備する必要があります。

例年、合格率は70%ということでそこまで難しい資格ではないといえるでしょう。

映画スタッフで活躍するために必要な能力

映画スタッフとして必要な能力にはもちろん映画・映像制作の知識、スキル、ノウハウなどが問われます。

しかし映画スタッフの業務はそれだけではなく、例えば撮影予算の管理をおこなったり、支出処理などをおこなうことなどが必要です。

また映画スタッフとして実績を積むためには映画プロデューサーのアシスタントとして、制作現場のマネジメントをしなければなりません。

そのため映画・映像製作に関するスケジュール管理やスタッフ管理、宣伝手法のマネジメントなど多岐にわたって管理する能力が必要です。