映画プロデューサーになるには?映像製作だけではなくマネジメントもできる必要がある

記事の著者:1979690

映画プロデューサーとは、映画制作のさいに、映画コンテンツを企画立案するところからはじめ、最終的に映画製作をおこなうときの責任者です。

映画プロデューサーという仕事は、映画製作に携わるというだけではなく、映画をゼロから形成していくことができるという非常に責任があり、やりがいもある魅力溢れる職業です。

今回はそんな映画プロデューサーのなり方や必要な資格、活躍するために必要な能力について解説をしていきます。

映画プロデューサーのなり方

映画プロデューサーとなるためには、高校卒業後に舞台や演劇、映像技術や舞踏学などに関する舞台知識・映像知識について学ぶことのできる大学・専門学校・養成スクールに通うことが必要になります。

また映画プロデューサーのほとんどが高学歴であるという現状から、学歴社会であるという理解もしておくべきです。

在学中には、もちろん映像技術は演出関連の基礎知識やスキルなどについて学習をしていきます。

また映像スタッフとして働くためには、大学や専門学校を卒業したのちに、映像制作会社であったり、映画制作会社などの映画作りに携わることのできる会社に就職をしなければなりません。

映像制作会社や映画制作会社もほかの企業と同じく、求人募集をおこなっているので待遇や勤務環境などを参考に就職活動をしていきましょう。

ほかにも在学中に映像制作会社や映画制作会社と関わる手段として、インターンシップなどをすることもできます。インターンシップで会社との関係を構築したり、社風を見る中で将来的に働きたい制作会社を探していきましょう。

また映像制作会社も映画制作会社に就職したあとにも、すぐに映画プロデューサーとなれる訳ではありません。

10年以上アシスタントディレクターであったり、ディレクターとして映画制作の基礎基本を学び、業界のことを知り尽くしたうえでようやく映画プロデューサーとなることができます。

映画プロデューサーに必要な資格

映画プロデューサーとなる上で必須の資格というものはありませんが、「映像音響処理技術者資格」などの映像編集・撮影技術に関する資格を持っておくことでキャリアアップに有利に働きます。

また映画プロデューサーとなると、映像製作だけではなくマネジメントをおこなう必要もあります。

そのため「マネジメント検定」などを取っておくことも一つの選択肢です。この「マネジメント検定」とは、経営に関する基礎知識や能力を問われる検定となります。

合格率は毎年50%程度であり、ある程度の準備をしなければ合格することは難しいです。

映画プロデューサーで活躍するために必要な能力

映画プロデューサーとして必要な能力にはもちろん映画・映像制作の知識、スキル、ノウハウなどが問われます。

しかし映画プロデューサーの業務はそれだけではなく、今の時代にはどのような作品がヒットするのかといった流行に関する鋭敏なアンテナを持っていなければなりません。

そのうえで観客を感動させることのできる映画を作りたいという熱意を持って、映画をプロデュースしていく必要があります。

また映画プロデューサーとなったあとにも、本や映画などを見て、映画製作に関するアイディアを仕入れるように工夫をしていかなければなりません。