映画監督になるには?映画監督の助手で長年ノウハウを身につける必要がある

記事の著者:1979690

映画監督とは、映画撮影を含めた映像制作のなかで全てを決定する権利を持つ映像制作の最高責任者です。

映画監督という仕事は、映画制作に関して撮影をする場所や配役、演出などに関して一から決めていくことができるという観点でたいへんやりがいのある職業です。

今回はそんな映画監督のなり方や必要な資格、活躍するために必要な能力について紹介をしていきます。

映画監督のなり方

映画監督になるためには、高校卒業後に舞台や演劇、映像技術や舞踏学などに関する舞台知識・映像知識について学ぶことのできる大学・専門学校・養成スクールに通うことが必要になるでしょう。

在学中には、もちろん映像技術は演出関連の基礎知識やスキル、カメラワークの方法や映像学などについて学習をしていきます。

映像学部などは学費が高いことが特徴としてあげられますが、そのぶん、実習で実際に撮影現場に足を踏み入れることなどもでき、学生のうちから映画製作について身を持って知ることができます。

また映像スタッフとして働くためには、大学や専門学校を卒業したのちに、映像制作会社であったり、映画制作会社などの映画作りに携わることのできる会社に就職をしなければなりません。

映像制作会社も映画制作会社もほかの企業と同じく、求人募集をおこなっているので、待遇や勤務環境などを参考に就職活動をしていきましょう。

ほかにも在学中に映像制作会社や映画制作会社と関わる手段として、インターンシップなどをすることもできます。インターンシップで会社との関係を構築したり、社風を見る中で将来的に働きたい制作会社を探していきましょう。

ただし就職したあと、すぐに映画監督となれる訳ではありません。

映画監督の助手となり、雑用や助監督などといったポジションで、映画制作現場で長年働くことで、映画監督としてのスキルやノウハウを身につけていく必要があり、周囲に認められる人脈を手にしてようやく映画監督になれるのです。

映画監督に必要な資格

映画監督になるうえで必須の資格というものはありませんが、「映像音響処理技術者資格」などの映像編集・撮影技術に関する資格を持っておくことでキャリアアップに有利に働きます。

また音響・美術・フィルム編集・脚本などといった映画製作上にある全ての役割に精通している必要もあります。

その全ての役割の資格を取得することは難しいですが、何かしら自分の得意分野としてのスキルを持っていることは大切です。

たとえば「照明技術者技能認定」や「劇場技術者検定」などがその一例で、映像製作や舞台制作などに関する資格取得を在学中などにしておくと望ましいでしょう。

映画監督で活躍するために必要な能力

映画監督として必要な能力にはもちろん映画・映像制作の知識、スキル、ノウハウなどが問われます。

しかし映画監督の業務はそれだけではなく、現場のスタッフたちをまとめるためのリーダーシップや映像製作に関する絶対的な自信を持っておかなければなりません。

また全ての映画製作に関することに決定をする立場なので、脚本や音響、映像編集や美術などの映画製作内における仕事には基本的に全て精通していることが大切です。

多岐にわたる役割1つ1つに適切な決定判断を下していけるようになりましょう。