映画俳優になるには?多種多様な資格を、役になりきるときの材料に

記事の著者:1979690

俳優とは、映画撮影や舞台演劇などで、その世界観のキャラクターになりきって演技をする人たちのことです。

俳優という仕事は、自分の腕一本だけで勝負をし、映画や舞台を通して人々を驚かせたり喜ばせたり笑わせたり感動させたりすることができる魅力に溢れた職業です。

今回はそんな俳優のなり方や必要な資格、活躍するために必要な能力について紹介していきます。

俳優のなり方

俳優になるためには、以下のような選択肢が挙げられます。

  • 俳優のための養成所に入所する
  • 劇団に入団する
  • 俳優オーディションに合格する

「俳優のための養成所に入所する」という手段ですが、演技未経験者には最もおすすめの方法といえます。

養成所で演技指導を受けて、俳優としてのトレーニングをおこなうことができます。はじめから素晴らしい演技ができる人は少ないので、自分を表現するテクニックを、レッスンを通して学んでいく必要があるでしょう。

しかし大手の養成所の場合、入りたいからといって入れるものではありません。スカウトマンの目に止まる必要はあったり、オーディションで合格する必要があります。

養成所に入る前にも、演技や歌などの練習を個人的にしておく必要があるでしょう。

また「劇団に入団する」という選択肢ですが、これは基本的にすでに俳優経験がある人のための選択肢です。入団の仕方としては入団テストを受けたり、劇団が開催しているワークショップへ参加をすることなどがあげられます。

そして最後の「俳優オーディションに合格する」方法ですが、これは芸能事務所などがおこなっているオーディション募集を探し、それに応募するというところから始まります。

俳優に必要な資格

俳優となるうえで必須の資格というものはありませんが、舞台関係の資格を持っていることで劇団や芸能事務所などに就職しやすいという場合があります。

たとえば舞台俳優となるうえでは、下働きをするときはトラックなどの中型・大型車の運転ができる俳優は重宝されます。

また実際に演技をするときは、さまざまな役を理解し、なりきる必要があります。そのためいろいろな資格を持ち、その職業の世界観を理解しているということはとても大切なことといえるでしょう。

実際、鈴木亜美さんはフードアナリスト2級、榮倉奈々さんは三味線師範・民謡名取、深田恭子さんは書道特一段など、多種多様な資格を持っている芸能人・俳優はたくさんいます。

俳優で活躍するために必要な能力

俳優として必要な能力にはもちろん演じることへの情熱が大切です。演じることを通して人々を感動させるという気持ちがなければ俳優を務めることはできません。

またほかの俳優にはない個性や魅力を発揮する力も必要です。ありふれた存在の俳優では映画やテレビ番組、舞台などで起用されることはありません。

視聴者・観客に求められ、監督やプロデューサーが惚れ込むような演技力や個性が必須です。

そして俳優とは常に「今がベスト」な状態でいなければいけれません。そのためには日々、トレーニングを重ねてベストな体型・精神を保つ努力も必要です。