管理栄養士になるには?国家試験の栄養士資格をとらなければならない

記事の著者:1493929

管理栄養士は、病院や学校などで栄養指導や給食メニューの作成を行っているイメージがあるかもしれません。

しかしそのほかにも「治験コーディネーター」として新薬の治験がスムーズに行えるよう医師をサポートしたり、調剤薬局やドラッグストアで栄養相談、訪問指導などを行うなどさまざまな分野で活躍できる栄養指導のスペシャリストです。

今回は、そんな管理栄養士になるにはどうすればよいかを解説していきます。

管理栄養士の「なり方」

管理栄養士になるには「管理栄養士国家試験」に合格する必要がありますが、その受験資格を得るためには2つの方法があります。

1つ目は栄養士養成施設で専門課程(2年~4年)を卒業と同時に栄養士資格を取得し、1年~3年の実務経験(修業年限により違う)を得ることです。

栄養士養成施設とは、短大や専門学校などがあたります。栄養士として勤務していた人が、キャリアアップとして受験することが多いようです。

2つ目は、管理栄養士養成施設で専門課程(4年)を卒業することです。管理栄養士養成課程があるのは4年制大学ですが、2年生の専門課程を卒業後、3年次に編入する学生もいます。

いずれの場合も教育機関で専門課程を修業する必要なので、社会人や専門外の人が管理栄養士になるには1から学びなおさなければならず、ハードルが高いといえます。

管理栄養士に必要な資格

管理栄養士になるために必要な資格はただ1つ、それは「管理栄養士国家試験の受験資格」です。また、受験資格として必要な資格は、「栄養士資格」となります。

栄養士資格は前述の通り「栄養士」養成課程を修業する必要がありますが、「管理栄養士」養成課程を修業する過程で必要単位を取得することができます。

つまり、4年制大学の管理栄養士養成課程を卒業すれば自動的に栄養士資格を取得していることになるということです。

管理栄養士はそれ自体が国家資格ですので勤務するうえでほかに必要な資格はとくにありません。しかし、各分野で働くうえで一緒にとっておけば役にたつ資格もあるのでいくつかご紹介します。

・栄養情報担当者:栄養食品に関する情報を消費者に提供する資格。管理栄養士として栄養指導に携わりたい人向け。
・調理の知識・技能に関する資格:調理現場やメニュー開発などに携わりたい人向け。
・一般用医薬品販売の資格:ドラッグストアや将来的に薬剤に関する業務に携わりたい人向け。

そのほかにも、ヘルスケアプランナー、フードコーディネーター、薬学検定、介護福祉関係資格など、すすみたい分野におうじてさまざまな資格をあわせて取得する人もいるようです。

管理栄養士として活躍するのに必要な能力

管理栄養士はさまざまなフィールドで活躍しているので、活躍するのに必要な能力・スキルは数多くあります。

まず、コミュニケーション能力は必要不可欠です。医療現場で働く管理栄養士は他の有資格者と連携して患者とむきあうことになります。とくに患者の嚥下状態によって食事をきめるときなどは、医師や言語聴覚士、看護師とのコミュニケーションは重要です。

そして自律性も必要です。栄養指導のスペシャリストである管理栄養士が、みずからの体調管理をおこたっていては説得力がありません。

昔から「医者の不養生」という言葉もありますが、現在では食生活はじめ私生活を自律することが、指導する立場の人間にはもとめられています。

また、知識欲求も必要でしょう。栄養学やそれに関連する常識や技術は日に日に進歩し、情報はつねに更新されていきます。数年前の常識がいまや否定されていることもあるなかで、資格取得のときに勉強した知識だけでいつまでも通用するわけではありません。

つねにアンテナをはりめぐらせ、自分のもっている情報を更新していくことが管理栄養士としてもとめられています。