大学教授になるには?専門分野への強い探求心が必要

記事の著者:1487985

大学教授は、大学で学生に学問を教えたり、専門分野の研究をおこないます。

これからの大学はより専門性が高く求められる時代ですので、大学教授に求められるものや果たすべき役割は重要です。

大学教授になるにはどういった過程や資格などが必要か解説していきます。

大学教授のなり方

一般的に大学教授になるには、博士号を取得後、大学から内定をもらうことが一般的な道です。

まず大学生時代に専門分野の選択が必要です。なぜなら大学教授は高い専門性とスキルが当然求められるからです。

専攻する分野を決めると、その分野の研究を専門におこなう研究室に入るようになります。

そこで、自分の研究テーマを探しあて、そのテーマに関する研究に日夜すべての時間を費やすといっても過言ではないほど研究生活に没頭するようになります。その結果、卒業論文を作成することで学士の資格を取得します。

学士だけでは大学教授にはなれませんので、その後大学院へ進学して博士号を取得するためのさらなる研究活動をおこないます。

もちろん、より高度で難しい課題に取り組んで成果を求めることになります。

2年間の大学院の課程を修了すると修士の資格を取得できます。その後、3年をかけてさらに研究を深めた結果、博士号論文を書き上げ合格することで博士号を取得できます。

そして、ここからが大変ですが、得た博士号を持って大学に就職活動をする必要があります。

所属大学であらかじめある程度大学教授への道が決められていればいいのですが、そうでない場合は自らの力で職を得なくてはなりません。まずは助手からはじめ講師や助教を経て准教授となったのちに教授へのステップを踏んでいくようになります。

一方、ある特定の分野で輝かしい研究実績や経験を持つ人たちは、そのような課程を経ずに一気に大学教授になることがあります。これは、あくまで特例ですので、まずは一般的な方法で大学教授を目指すようになります。

大学教授に必要な資格

大学教授になるためには博士号を持っておくことをおすすめします。博士号はある専門分野の高度で専門的な知識を明らかに有していることを証明するものです。

大学の設置基準に関する法律で、教授の資格に関する説明が書かれています。内容を簡単にいえば、博士号の学位の有無やそれに準じる実績の有無です。また、芸術や体育関係の特殊な技能に秀でているかどうかなどの項目があげられています。

大学教授として活躍するために必要な能力

大学は専門的に特定の分野や学問を研究する機関であることがその存在意義の大前提となっています。そのため、その専門分野に対する飽くなき探究心が必要です。

また、研究成果を公表する機会はほとんど論文を作成することになるので、論文を執筆するための強い意欲が当然求められます。

さらに、研究は大変長い時間をかけて成果を求めるものなので、とにかくコツコツと地道に研究に取り組むことが大切な能力です。成果が出るかどうかは結果次第ですので、強い忍耐力も能力として必要です。