駅員になるには?交通地理を知っておくと就職に有利

記事の著者:1979690

「駅員」とは、各鉄道会社の駅で働く従業員のことであり、改札などでの顧客対応や駅案内などを行う役割の人たちのことです。

駅員という仕事は、現代の日本で欠かせない電車というインフラの中で、電車と同じぐらい大切な駅の運営を滞りなく行うというやりがいのある仕事です。

今回はそんな駅員のなり方や必要な資格、活躍するために必要な能力について解説をしていきます。

駅員のなり方

駅員となるために、必須の資格というものはありません。そのため四年生大学や短大、専門学校、もしくは高校卒業後に各鉄道会社の駅員として勤務することができます。

また就職する際には各鉄道会社の正社員募集求人であったり、契約社員募集求人などを探して、それに対して履歴書を送るなど一般的な就活と違いないです。

ただし後に詳しく紹介をしますが、各鉄道会社によって入社資格などが設けられている場合があるので、自身がその条件に適合しているかどうかをチェックしておきましょう。

中途で採用されるケースも

大学・短大・専門学校を卒業した後に民間企業に勤め、その後各鉄道会社に中途採用で就職するというケースもあります。

中途採用の場合には毎年、必ず募集があるというわけではありませんので中途採用で駅員を目指す人は、必ず求人をチェックしておいてください。

駅員になる上で資格の取得は必要ありませんが、なる前に就職希望先の鉄道会社の交通地理などを学んでおくことはおすすめです。

特に都会となると鉄道会社が複数あり、路線が入り組んでいることが多かったり、複数の駅名が酷似していることもあるため、交通地理に長けていることで就職時に有利に働くことがあるはずです。

駅員に必要な資格

駅員となる上で、特に必須の資格があるわけではないということはすでに上記で紹介しました。

そのため、各鉄道会社に就職をすることで駅員になることができます。ただし、各鉄道会社には入社時に身体条件を設けている場合もあるので注意が必要です。

一例を挙げると、「矯正後の視力が1.0以上であること」「色覚異常ではないということ」など。

これは駅員業務の中にある電車運転関係の職務を執行するに際して、信号の色の確認をしなければならないからです。

色覚異常を持っていたり、視力の問題で信号の色が確認できないという場合には、信号の色の確認を安全に行うことができないために設定されています。

駅員で活躍するために必要な能力

駅員として必要な能力としては、以下のようなものが挙げられます。

  • サービス精神
  • 英語力
  • 交通地理に関する知識

駅員として顧客への案内などを親切に行わなければならないため、サービス精神やコミュニケーション能力は必要です。

また駅を利用するのは日本人だけではなくて、外国人もいます。そのため基本的には英語、場合によっては他の言語の習得も必要であると言えます。

そして先ほども挙げた、交通地理に関する知識も大切です。駅員としてしっかりと顧客を案内するためにも、自身の鉄道会社の路線や隣接する鉄道会社の交通地理についての理解を深めましょう。