演歌歌手になるには?歌唱力が認められるにはオーディションを受ける必要がある

記事の著者:1979690

「演歌歌手」とは、日本を代表する歌のジャンルである「演歌」を歌うプロフェッショナルの歌手の人たちのことです。

演歌歌手という仕事は、昔から日本で愛されてきた演歌という歌を後世に残すという意味でも、いつまでも根強い演歌ファンがいるという意味でもやりがいのある職業です。

今回はそんな演歌歌手のなり方や必要な資格、活躍するために必要な能力について解説をしていきます。

演歌歌手のなり方

演歌歌手となるためには、以下のような選択肢があります。

  • レコード会社のオーディションを受ける
  • 雑誌の広告などに載っているカラオケ大会のオーディションを受ける
  • 演歌歌手の所属するプロダクションのオーディションを受ける
  • 歌番組のオーディションを受ける

4つの選択肢を挙げましたが、基本的には演歌の歌唱力を認めてもらうためにはオーディションを受ける必要があります。

しかし、急に素人の状態からオーディションを受けてもなかなか通過することは難しいです。

そのためはじめは、プロフェッショナルの歌手を養成するための講座やアーティストスクールに通うという選択肢もあります。

歌手養成講座などでは演歌歌手養成コースなどもありますので、演歌の基本的な歌い方や基礎的な知識などについて学んでいくことが必要でしょう。

演歌歌手としてデビューするにはインターネットも活用する

演歌の技術を磨き、オーディションに受かるということ以外にも現代ならではの演歌歌手のデビュー方法があります。

それは、インターネット上に自分の歌をアップするという方法です。もしインターネット上にアップした自分の演歌が人気となれば、その知名度から演歌歌手としてデビューできる可能性もあります。

とにかく演歌歌手として活躍するためには、自分の歌声を世間に届かせるような仕組みを作っていくことが必要でしょう。

演歌歌手に必要な資格

演歌歌手となる上で、特に必須の資格があるわけではありません。

ただ演歌歌手として幅広い歌い方ができるようになるために、歌唱に関する知識や声楽に関する知識などを養成学校などで学ぶとよいでしょう。

また演歌に限らず、歌唱力について測ることのできる検定は存在します。オーディションの際にはやはりその場の歌唱力が重視されますが、持っていることでオーディション通過をフォローすることができる可能性があります。

例えば、「歌検定」は歌の専門家が歌唱力をさまざまな観点から評価してくれる検定です。

音程やリズム、声量や表現力などを総合的に測ってくれる検定となっているので、審査で高得点を取ることができれば自身の歌唱力を証明するものとなります。

演歌歌手で活躍するために必要な能力

演歌歌手として必要な能力としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 演歌の歌唱力
  • 人としての魅力
  • 歌を好きだという気持ち

演歌歌手としては当然のこととして、演歌の歌唱力が一番に求められます。タレント的にキャラクターで売ることもできますが、歌唱力がなければやはり長続きはしません。

また、歌唱力だけでは生き残っていけないということもあります。人として、演歌歌手としての魅力がなければファンを作ることはできません。

そして何よりも、どれだけ売れない時期が続いても演歌が好きだという気持ちを持ち続けられるということが非常に大切でしょう。