音楽プロデューサーになるには?音楽知識やリーダーシップが必要

記事の著者:1979690

「音楽プロデューサー」とは、アーティストがCDなどで音楽制作をする際やコンサート、映画での劇中音楽を制作する際に音楽制作のプロデュースをする役割を持つ人たちのことです。

音楽プロデューサーという仕事は、アーティストの個性や映画・舞台などの方向性を把握した上でそれらに最適な音楽制作を指揮するという責任ややりがいのある職業です。

今回はそんな音楽プロデューサーのなり方や必要な資格、活躍するために必要な能力について解説をしていきます。

音楽プロデューサーのなり方

音楽プロデューサーとなるためには、以下のような選択肢があります。

  • 音楽制作系の企業に就職をして音楽制作の実務経験を持つ
  • 舞台演者や歌手・音楽制作者などから演出家に転向する

音楽プロデューサーとなる上でキャリアもなしにプロデュースを手がけるということは、非常に難しいです。

なぜなら音楽プロデューサーの仕事は責任が重く、「この人になら任せられる」といった実績や信頼感がなければ仕事をすることができないからです。

そのため音楽プロデューサーへの道を進むには、音楽制作系の会社でキャリアを積むか舞台役者、アーティストとして実績を持つことが有効な方法となります。

また、音楽制作系の企業に就職するには特に資格などは必要ないです。面接などの就職活動を経て、就職することができます。

またアーティストになるにしても音楽制作系の企業に就職するにしても、音楽教育の学科、専攻がある大学や専門学校などで音楽に関する知識やノウハウを学んでおくということも選択肢としてはあります。

いざ音楽プロデューサーとなったときに専門知識がなければ務められないので、音楽に関する専門知識は大学、専門学校で学ぶのか、就職をしてから現場で学ぶのかの違いはあれど必要です。

どちらにしても舞台演者や音楽制作の経験を経ることで、音楽プロデューサーとして活躍することができます。

音楽プロデューサーに必要な資格

音楽プロデューサーとなる上で、特に必須の資格があるわけではありません。

ただ音楽プロデューサーとして幅広い音楽の制作方法を知るという意味では、音楽制作技術などに対して知識やスキルを持っていた方がいいと言えるでしょう。

また上記でもある通り、音楽プロデューサーの求人情報などには応募条件として以下のような項目が挙げられている場合があります。

  • 音楽制作に関するアシスタント経験がある
  • 音楽制作に関するディレクター経験がある
  • 音楽制作に関するアシスタントプロデューサーの経験がある

つまり音楽制作にある程度の年数、関わったことがあることが必須条件として挙げられているということです。

音楽プロデューサーで活躍するために必要な能力

音楽プロデューサーとして必要な能力としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 音楽制作に関する知識や技術
  • リーダーシップ
  • 柔軟性

音楽をプロデュースする上で、「こうしたら必ず成功する」という正解はありません。しかし基本的な知識やスキルを持った上で、制作計画を立てることが必要となっていきます。そのため、しっかりとした音楽制作の知識や技術が必要です。

また音楽を制作していく上で、制作現場を取り仕切る必要が音楽プロデューサーにはあります。そのため制作現場をまとめるリーダーシップも重要。

音楽の流行は移り変わりが激しいです。そんな変化を柔軟に受け入れて、プロデュースに反映させていく柔軟性を持つことが大切でしょう。